プログラミングを3ヶ月で習得する手順を解説【初心者でも問題なし】

プログラミングを3ヶ月間で習得する2ステップを解説【初心者でも問題なし】

初心者の状態からプログラミングを3ヶ月間で習得することはできるのかな?

 

本記事では上記のような疑問に答えていきます。

 

早速結論ですが、プログラミングを3ヶ月で習得することは可能です。僕自身、プログラミングを未経験から習得しましたが、実際にプログラミング を身につけた経験から、これは断言できます。

 

とはいえ、プログラミング を3ヶ月で習得するためには「正しい学習方法」を選び、実践することが必要不可欠です。

 

それこそ、適当に独学でやっていると、半年以上経っても習得できないのがプログラミングの世界なんですよね。。

 

そこで本記事では、プログラミングを3ヶ月で習得するためのステップについて、実体験を元に解説します。

 

この記事の通りに行動すれば、初心者でも今から3ヶ月後にプログラミングを習得することは可能です。

 

これを書いている僕は、未経験からプログラミングを学んで習得。現在は習得したプログラミングスキルを使い、個人で稼いでいます。

 

実体験をもとに、プログラミングを3ヶ月で習得するための方法を解説します。

 

初心者でも3ヶ月でプログラミング習得できる理由

初心者でも3ヶ月でプログラミング習得できる理由

 

冒頭の通り、あなたが完全初心者の状態であっても、プログラミング を3ヶ月で習得することは可能です。

 

なぜなら、プログラミングの習得時間は「200〜400時間くらい」であり、これは3ヶ月以内に収まる学習時間だからです。

 

イメージしやすいよう、実際に事例を出しつつ解説しますね。

 

1日3時間の勉強を3ヶ月続けた場合

例えば、1日に3時間勉強する場合、3ヶ月の学習時間は「270時間」になります。

 

前述通り、プログラミング習得に必要な勉強時間は200〜400時間です。つまり、270時間であれば、必要な勉強時間に届きますね。

 

1日3時間は週あたり21時間なので、平日が忙しい場合でも、休日にまとめて勉強すれば十分届く水準です。そのため、時間のある学生さんだけでなく、忙しい社会人の方であっても、十分実現できる勉強時間です。

 

ここでいうプログラミング習得のレベルとは?

「就職」や「仕事」で使えるレベルのプログラミングスキル

 

結論、レベル感としては上記の通りです。

 

つまり、プログラミングを学んで就職や転職したり、あるいは個人で簡単な案件をこなすことは、3ヶ月の学習でも実現できるんですよね。

 

事実、多くのプログラミング学習者はだいたい3ヶ月前後で就職や転職を実現しています。簡単な案件を受注することは就職や転職と比較し少し難易度は上がるものの、早い人であれば3ヶ月くらいで月5万円程度の案件を受注し、稼ぐ経験を積んでいますね。

 

僕も3ヶ月勉強したくらいの段階で、就職や転職はできるレベル感には到達できましたし、周囲の学習者も同じでした。

 

ということで、プログラミングを学んで就職したり、あるいは個人で簡単な仕事を受けることは、プログラミングを3ヶ月学べば実現可能です。

 

より詳しいプログラミングと学習時間の関係については「プログラミングの習得期間(時間)はどれくらい?【3パターンで必要な学習時間を解説】」で解説しているので、参考にどうぞ。

 

プログラミングの習得期間(時間)はどれくらい?【3パターンで必要な学習時間を解説】

 

初心者が3ヶ月でプログラミングを習得する手順

初心者が3ヶ月でプログラミングを習得する手順

 

ここからは実際にプログラミングを3ヶ月で習得するために手順を解説します。

 

結論、ステップは以下の2つだけです。

 

  1. ステップ1:Progateでプログラミングの基礎を学ぶ(期間:1週間)
  2. ステップ2:プログラミングスクールで実践練習する(期間:1ヶ月〜3ヶ月)

 

上記の通り。それぞれ簡単に解説しますね!

 

ステップ1:Progateでプログラミングの基礎を学ぶ(期間:1週間)

まずはプログラミングの基礎を学ぶことがファーストステップです。

 

方法としては、プログラミング学習サイトの「Progate」が良いですね。

 

Progateとは、プログラミング学習サイトの中でも特に初心者に人気のサイトです。無料で使える部分と有料の部分が分かれていますが、無料部分だけでも基礎は十分学べる内容になっています。

 

Progateを1週間くらい短期集中でやるだけでも、プログラミングの基礎学習は十分です。

 

なので、まずはProgateにトライしてみましょう。

 

ステップ2:プログラミングスクールで実践練習する(期間:1ヶ月〜3ヶ月)

Progateは良質な学習サイトである一方、実践的なプログラミングスキルを習得する上では、少し物足りないことも事実。

 

なので、Progateで学習したら、プログラミングスクールで実践学習をすると良いです。プログラミングスクールであれば、プロのエンジニア講師サポートのもと、プログラミングの基礎〜実践まで、幅広く、かつ深く経験を積むことができます。

 

またプログラミングスクールであれば、カリキュラム中に「オリジナルサービス開発」を経験することができます。このサービス開発の経験は、就職や転職、あるいは個人で仕事を取る際にアピール材料になるので、学習サイトだけでは得られない実践経験を得ることができます。

 

僕自身、Progateもプログラミングスクールも両方やりましたが、プログラミングスクールで得た開発経験が、その後仕事を得る際に非常に役立っています。

 

経験だけでなく、サービス開発経験を通じてプロのエンジニアから学ぶことも多いため、3ヶ月という期間でプログラミング を習得するなら、プログラミングスクール利用は必要不可欠かなと思います。完全独学だと、だいたい半年以上はかかります。

 

オススメのプログラミングスクール

参考までに、初心者に特に選ばれており、かつ僕が使ってよかったプログラミングスクールは「受講者がおすすめするプログラミングスクール5選【徹底比較】」の記事でまとめています。

 

本当におすすめのプログラミングスクール5選【受講者が徹底比較!】受講者がおすすめするプログラミングスクール5選【徹底比較】

 

プログラミングは3ヶ月で習得できる【行動あるのみ】

プログラミングは3ヶ月で習得できる【行動あるのみ】

 

最後に、いまエンジニアは圧倒的な人手不足です。そのため、初心者でもプログラミングを短期集中でやれば、3ヶ月以内にエンジニアとして就職や転職は、誰でも実現できるんですよね。

 

エンジニアとして就職し、実務経験を1〜2年ほど積めば、フリーランスエンジニアになれます。フリーランスエンジニアであれば、年収1,000万円やリモートワーク、週3勤務で年収500万円などの働き方も実現できます。

 

プログラミングを習得すると、控えめに言っても人生で選べる選択肢が変わります。だからこそ、3ヶ月間短期集中でプログラミングを学ぶことは、間違いなく良い未来につながりますよ。

 

ということで、本記事は以上です。良い未来を想像しつつ、まずは行動を起こしてみると人生変化するかなと思いますよ!

 

人気記事受講者がおすすめするプログラミングスクール5選【徹底比較】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です