【悲報】プログラミングを独学して就職は難しい【もっと効率的な方法とは】

【悲報】プログラミングを独学して就職は難しい【3つの理由と本当に効率的な勉強方法を紹介】

プログラミングを独学して就職したい。でも、実際のところ、独学してプログラマーやエンジニア就職なんてできるだろうか?

 

本記事では上記の疑問に答えていきます。

 

結論、プログラミングを独学して就職は難しいです。残念ながらこれが事実です。

 

もちろん、中には独学で勉強し、就職まで実現している初心者もいます。ですがそれでも、圧倒的に少数派なんですよね。

 

これを書いている僕は新卒で人材業界に入り、エンジニアの就職・転職支援に携わってきました。その過程では、プログラマー就職に成功する人、失敗する人の違いを見てきました。

 

また僕自身もプログラミングを勉強してスキル習得し、現在は個人で案件を受けて収入を得ている立場です。

 

そのような経験をもとに、

 

  1. プログラミングを独学して就職・転職が難しい3つの理由
  2. 独学で就職に成功する人、失敗する人の違い
  3. 効率的にプログラマーやエンジニア就職・転職する方法

 

これらについて解説します。

 

本記事を読んで行動すれば、あなたがプログラミング完全未経験であっても、数ヶ月後にプログラマーやエンジニアとして就職が可能です。

 

3分ほどで読めるので、プログラミングを勉強して就職まで本気で実現したい場合は、最後までぜひ読んでみてください。

 

プログラミングを独学して就職が難しい3つの理由

プログラミングを独学して就職が難しい3つの理由

 

  1. 独学だとプログラミング習得自体が難しいから
  2. 仮に習得できても、就職で使える「制作実績」まで作れる人は少ないから
  3. 独学だと就職の「コネ」も利用できないから

 

プログラミングを独学して就職が難しい理由は上記3つです。

 

一つずつ詳細を解説しますね。

 

1. 独学だとプログラミング習得自体が難しいから

完全未経験から独学する場合、そもそもプログラミング習得自体が難しいです。

 

なぜなら、プログラミングは「学習初期」の段階こそが最も難しく、独学で学習初期段階を乗り切れる人は少ないからです。

 

例:大変なのはエラーの対処

例えば、学習初期で最も初心者を苦しめるのは「エラーの対処」です。エラーとは、コードを書いている中で、入力を間違うと出てくるものです。

 

前述通り、僕もプログラミングを学習して習得しましたが、最初は独学でスタートしました。その過程で一番大変だったのは、「エラーを自分一人で解決しないといけないこと」でした。

 

エラーの対処は、初心者だと1つ解決することに30分、1時間と時間がかかります。それが毎日いくつも出てくるので、はっきり言って学習がスムーズに進まないんですよね。

 

一方、プロのエンジニアのサポートがあれば、たった数分で解決できるようなエラーもたくさんあります。独学だと、一人で解決しないといけない分、何十倍も時間がプラスでかかるんですよね。

 

プログラミング独学者の90%は挫折している

このような事情もあり、プログラミングを独学者の「約90%」は挫折している事実もあります。10人いれば、9人は挫折するんですよね。

 

このように、プログラミング独学自体が、プログラミング習得には不向きな勉強方法なんですよね。

 

これは僕自身の実体験からも、周囲の学習者を見ても、断言できることです。

 

2. 仮に習得できても、就職で使える「制作実績」まで作れる人は少ないから

独学の場合、就職でアピールできる制作実績まで作れる人は少ないです。

 

努力してなんとか独学でスキルを習得しても、就職でアピールできる「制作実績」まで作れるかは別の話なんですよね。

 

制作実績とは?【自分で作ったオリジナルサービス】

制作実績とは、自分自身で作ったオリジナルサービスのことです。

 

例えば、Web企業への就職を目指す場合、簡単な「Webサービス」や「Webサイト」が当てはまります。Webサービスとは、Twitterに似たようなSNSだったり、Webサイトとは、食べログのようなWebサイトですね。

 

ここまでがっつりした制作物は流石に難しいですが、簡単なものであれば、正しい方法で勉強していけば、未経験からでも短期間で作れるようになります。

 

ですが、「独学だけ」でこういったサービスを作るのは、なかなか難しいです。そのため就職時に自分のスキルを認めさせる実績として、独学だけだと弱いんですよね。

 

3. 独学だと就職の「コネ」も利用できないから

また独学の場合、就職時にコネもありません。

 

就職や転職の世界は「コネ」も必要です。コネを利用する一つの方法が「転職エージェント」などを利用することです。

 

実績がないと、転職エージェントも利用できない

しかし独学が問題なのは、前述通り、就職に役立つ制作実績がないと、転職エージェントに支援してもらえないことです。

 

転職エージェントは、紹介した求職者が実際に企業に採用された段階で、決定年収の約30%が収入として入るビジネスモデルです。

 

つまり、「この候補者は内定を取ることが難しそうだな…」と判断されてしまうと、門前払いになってしまうんですよね。

 

ですから、独学だけでプログラミングを学び、かつ制作実績も持っていない場合、転職エージェントから手厚い支援を受けることは難しいです。

 

そのため、自分一人で就職先を見つけないといけないです。ですがスキルも実績もコネもなければ、就職先はなかなか決まりません。

 

以上の3つの理由から、、プログラミングを独学で勉強して就職は難しいことが事実です。

 

プログラミングを独学してプログラマー就職している人も存在する

プログラミングを独学してプログラマー就職している人も存在する

 

もちろん、プログラミングを独学して、プログラマー就職に成功している方も世の中にはたくさん存在します。

 

例えば、一人でプログラミング関連の書籍や学習サイトを使い倒し、企業に認められる制作実績まで準備できるような方です。

 

こういった方であれば、問題なく就職できます。

 

ただし、独学で就職までできる人は少数派

ですが、そうやって全て自走できる人は、全体から見れば圧倒的に少数派なんですよね。

 

前述通り、プログラミングを独学で勉強する方の90%は挫折します。つまり、自走できる方は、全体で見れば10%程度なんですよね。

 

独学するなら覚悟は必要

僕自身、独学や他の方法も試しましたが、その経験から思うことは独学は覚悟は絶対に必要です。

 

  • 自分一人で絶対にスキルを身につける
  • そのためにやれることは全部やる

 

こういう強い意志が必要不可欠です。

 

その上で、プログラミングを習得するだけでなく、転職活動においても、多くの企業に断られても行動し続ける覚悟も必要です。これらのことをやり切る覚悟があれば、独学でも大丈夫だと思います。

 

ですが、少しでも不安に思う場合自分は凡人だと思うのであれば、もっと効率的な方法を選び、行動していく必要があります

 

独学ではなく、確実にプログラマー就職・転職に成功する方法

独学ではなく、確実にプログラマー就職・転職に成功する方法

 

結論、「プロから学ぶこと」ですね。

 

プロから学べる代表的な場所は「プログラミングスクール」です。

 

僕自身、独学とプログラミングスクールの両方を経験しましたが、プログラミングスクールを受講したことで、スキル習得できました。その経験からも、スクール受講の方が、初心者にはあっていると確信しています。

 

自身の経験から、プログラミングスクールで学ぶメリットも簡単に紹介しますね。

 

スクールは挫折しがちな初期段階を、プロのエンジニアサポートのもと乗り切れる

まずプログラミングスクールのメリットの一つは、挫折しがちな学習初期段階〜制作実績作りまで、現役エンジニアが徹底サポートしてくれることです。

 

プログラミングスクールと独学の大きな違いは、わからないことを聞く相手の有無です。独学だと全部自分一人で解決しないといけないですが、スクールであれば、いつでも現役エンジニアに質問することができます。

 

例えば、エラーの対処で悩む場合でも、独学だとエラー対処だけで「1時間」かかっていたものが、スクールであればたった「1分」でも解決して進めることができます。

 

プログラミングの場合、エラーの対処で何時間も悩むより、わからないことは聞きながらでも手を動かした方が、習得スピード感は段違いで早くなります。

 

スクールにはオリジナルサービス開発のカリキュラムが含まれている

また、プログラミングスクールには、「オリジナルサービス開発」がカリキュラムに含まれていることが多いです。

 

そのため、プログラミングスクールで学んでいけば、卒業段階では自分だけの制作実績が作れるんですよね。これが、就職時にも活きます。

 

また一度オリジナルサービス開発経験を積めば、その後は自分で簡単なサービスを作ることができるようになります。スクールでの制作実績より、卒業後自分で作った制作実績の方が、企業からの評価は高くなります。

 

こうやってステップを踏んでいけることも、プログラミングスクールならではなかと思います。

 

スクールには就職サポートもあり【コネを利用できる】

さらに言えば、多くのプログラミングスクールには就職サポートがついています。

 

こういった制度を使えば、何も持たない個人でも、スクールが保有するコネクションを利用できるんですよね。

 

転職エージェントと異なり、プログラミングスクールの就職サポートは未経験者でも問題なく利用できます。そのため、門前払いになることはありません。

 

ちなみに、就職に強い優良プログラミングスクールだと、就職決定率が95%以上のところもあります。こういったスクールを利用すれば、極めて高い確率で、プログラマーやエンジニアとして就職・転職が目指せます。

 

だからこそ、就職に失敗したくないなら、プログラミングスクールを利用することが無難です。

 

就職・転職に強いプログラミングスクール

プログラミングスクールの中にも、

 

  1. 就職・転職に強いプログラミングスクール
  2. 就職・転職に強くないプログラミングスクール

 

大きく上記2つのタイプがあります。良い就職・転職を実現したいなら、前者の「就職・転職に強いプログラミングスクール」を利用することが必要です。

 

ではどこが就職・転職に強いスクールかというと、結論以下の3つであれば間違いないです。

 

  1. TECH::EXPERT(高年収での転職や独立に強い)
  2. TechAcademy(オンライン型最大手)
  3. GEEK JOB(無料かつ圧倒的な就職サポート)

 

上記3つです。いずれも初心者に選ばれており、実績も多いスクールです。

 

オンラインで就職を目指すならTechAcademy

ちなみに僕はオンライン完結で受講できるTechAcademyを受講しました。短期間で実践的スキルが身についたのでおすすめです。カリキュラムでオリジナルサービス開発も経験できます。

>>TechAcademy公式サイトへ

 

僕がTechAcademyを受講した際のオンラインカリキュラム

 

20代30代で確実に就職・転職したいならTECH::EXPERT

また、TECH::EXPERTは、20代30代と幅広い層の就職・転職実績があります。就職についてはTechAcademyよりも強いので、就職重視であれば、TECH::EXPERTを検討すると良いです。

>>TECH::EXPERT公式サイトへ

 

なお上記3つのスクールとも、無料カウンセリングを「対面」「オンライン」で毎日実施しています。無料カウンセリングに参加すると、具体的な就職先も紹介してくれるので、まずは参加してみて、自分の選択肢を把握することが吉かなと思います。

 

上記3社を含む就職・転職に強いプログラミングスクール5つは「就職・転職に本当に強いプログラミングスクール5選【スクール経由の転職事情も解説】」で比較しながら紹介しています。

 

こちらも参考にしつつ、どこの無料カウンセリングに参加してみるか、検討してみることがおすすめです。

 

就職・転職に本当に強いプログラミングスクール5選【スクール経由の転職事情も解説】

 

結論:プログラミング独学→就職は無理ではないがオススメしない【正しい方法で取り組もう】

プログラミング独学→就職は無理ではないが、おすすめしない

 

最後に、いまはエンジニアは圧倒的に人手不足です。そのため、未経験からでも今回紹介した方法を利用すれば、誰でもエンジニアになれます。

 

とはいえ、今の状況はずっと続くかどうかはわかりません。景気の風向きが一度変われば、企業は採用を縮小します。そうなってしまうと、しばらくは未経験からエンジニアは目指せなくなる可能性もあるからです。

 

しかもその間、年齢を重ねてしまいます。プログラマー就職は年齢が若ければ若いほど有利なので、行動するなら「今」が絶好のタイミングかなと思います。

 

今の段階でプログラミングを習得してエンジニアになり、実務経験を1〜2年ほど積めば、フリーランスエンジニアとして独立できます。

 

フリーランスエンジニアとして独立すれば、20代や30代で年収1,000万円、リモートワークや週3勤務など、お金も場所も自由な働き方をすることもできます。

 

そんな未来は、実は行動さえ起こせば、今ならまだ手に届くところにあるんですよね。

 

だからこそ、もし迷っているなら、「小さな行動」でも良いので、まずは行動を起こすこと必要かと思います。行動さえ起こせば、3ヶ月後の未来は間違いなく変わりますよ。

 

今回紹介した就職に強いプログラミングスクール

  1. TECH::EXPERT(高年収での転職や独立に強い)
  2. TechAcademy(オンライン型最大手)
  3. GEEK JOB(無料かつ圧倒的な就職サポート)

 

人気記事就職・転職に本当に強いプログラミングスクール5選【スクール経由の転職事情も解説】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です