Webマーケティングは稼げる?稼ぐ方法は?【個人で月30万円稼ぐマーケターが解説】

Webマーケティングは稼げる?稼ぐ方法は?【個人で月30万円稼ぐマーケターが解説】

こんにちは。WebマーケターのRuiです。

 

最近以下の質問をいただきました。

 

初めまして。Webマーケティングに興味があるのですが、Webマーケティングは実際のところ稼げるのでしょうか?もし稼げるなら、具体的にどのような稼ぎ方があるか知りたいです。

 

ご質問ありがとうございます。

 

結論からいうと、Webマーケティングはマジで稼げます。特に20代など若い頃から年収1,000万円以上を実現したいなら、Webマーケターはめちゃめちゃオススメです。

 

さらに言えば、Webマーケティングは未経験の方でも稼ぎやすいです。そのため、現在Webマーケティングのスキルがない方にも、稼ぐ分野としておすすめです。

 

僕の経歴と、本記事でお伝えできること

これを書いている僕はWebマーケターとしてWeb企業で働きつつ、副業でWebマーケティングスキルを使い、サイト運営をしていて稼いでいます。

 

副業の収入は安定的に月30万円を超えており、普通のサラリーマンの一人分くらいは収入を得ることができています。

 

Webマーケティングでの本業および副業の経験から、「Webマーケティングが稼げる理由」や「稼ぐ方法」をご紹介します。

 

Webマーケティングが稼げる3つの理由

Webマーケティングが稼げる3つの理由

 

  1. Webマーケティング業界は成長市場だから
  2. Webマーケティングは個人でも稼げる方法がたくさんあるから
  3. その上、稼げる収入は青天井だから

 

結論、Webマーケティングが稼げる理由は上記3つです。

 

それぞれ解説しますね!

 

1. Web業界は成長市場だから

一つ目の理由は、Web業界が成長産業だからです。

 

成長市場にはたくさんのお金が流れてくる

上記の通り、成長産業にはたくさんの資金が流れてきます。そのため、市場における「お金の総量」が増えるんですよね。

 

お金の総量が増え続けるため、参入者が増えたとしても、限られたパイの取り合いになることは少ないです。

 

そのため、参入した人の多くが稼げるような市場構造になっています。

 

参考データ:インターネット広告市場の推移

インターネット広告市場がどれだけ伸びているかについて、データも出しておきますね。

 

Webマーケティングが稼げる3つの理由

引用:電通報

 

結論、上記の通り、市場は右肩上がりで伸びています。

 

最近だとテレビ広告市場が縮小し、そのお金がインターネット領域にどんどん流れています。

 

なので、Webマーケティング業界は今後もさらに伸びていくでしょうね。

 

これが、市場全体のお金の総量が伸びているという事実です。

 

日本の多くの産業は衰退する

加えて日本は人口減少や少子高齢化が進んでいます。そのため、多くの産業は成長するどころか、衰退していくことが予想されています。

 

そんな中、インターネット(Webマーケティング)のように成長を続けている業界って、実は凄く珍しいんですよね。

 

このように、市場全体が成長していることが、Webマーケティング分野が稼ぎやすい一つの理由です。

 

【実際どうなの?】Webマーケティング業界の将来性を、現役Webマーケターであり人材業界出身の僕が解説

 

2. Webマーケティングは個人でも稼げる方法がたくさんあるから

二つ目は、Webマーケティング自体が個人で稼げる方法がたくさんある業界だからです。

 

例えばブログ。ブログを書いてアクセスを集めれば、月10万円、月100万円と稼ぐことは無名の個人でも可能です。

 

僕も完全に無名ですが、実名すら出していない状態で、それでも月30万円以上の収入を得ることができています。

 

また、最近だとYoutubeでお金を稼ぐ個人も増えていますね。Youtuberで月10万円、100万円稼ぐ人はそこら中にいます。

 

このように、Webマーケティングで稼ぐ方法はたくさんあります。

 

詳しいWebマーケティングの稼ぎ方については本記事で後述しますので続きをどうぞ。

 

3. その上、稼げる収入は青天井だから

その上、Webマーケティングの収入は青天井です。年収1,000万円のみならず、年収2,000万円、年収3,000万円を稼ぐことも、Webマーケティングならできるんですよね。

 

前述したブログでも、Youtubeでも、年収3,000万円くらいは無名の個人でも実現可能です。特にブログやサイト運営であれば、顔出しせずとも稼いでいる人も多いです。

 

会社員だけだと年収1,000万円は難しい

ただ、会社員としての給料だけで年収1,000万円以上を得ることは、正直難しいです。

 

Web業界で年収1,000万円以上を会社員として稼ぐには、リクルートなど大手じゃないと厳しいですね。

 

普通のWeb企業であれば、年収700〜800万円くらいで頭打ちすると思います。

 

年収1,000万円を目指すなら「独立」or「副業」で

なのでWebマーケティングで年収1,000万円以上を稼ぐなら、独立して一本で稼ぐか、あるいは僕のように会社員をやりながら副業を組み合わせてトータルで稼ぐこと良いです。

 

年収500万円を会社員として得つつ、副業で年収500万円を得ることは、大手に入って年収1,000万円稼ぐより全然楽です。

 

なので、大きく稼ぎたい場合は、独立か副業が良いと思います。

 

以上が、Webマーケティング業界が稼ぎやすい3つの理由です。

 

Webマーケティングが稼げる3つの理由まとめ

1. Webマーケティング業界は成長市場だから

2. Webマーケティングは個人でも稼げる方法がたくさんあるから

3. その上、稼げる収入は青天井だから

 

Webマーケティングで稼ぐ2つの方法とは?「自社サービスと受託】

Webマーケティングで稼ぐ2つの方法とは?

 

  1. 自社サービスで稼ぐ
  2. 受託で稼ぐ

 

Webマーケティングで稼ぐ方法は、大きく分けるとこの2つです。

 

これもそれぞれ解説しますね。

 

1. 自社サービスで稼ぐ

まずは自社サービスで稼ぐ方法です。

 

自社サービスで稼ぐ方法とは、自分でWebサイトやWebサービスを作り、マネタイズをして稼ぐ方法です。

 

事例をいくつか紹介しますね。

 

事例:リクルートのWebサービス(リクナビ、スタディサプリなど)

例えばリクルート。リクルートはリクナビ、SUUMO、ゼクシィ、スタディサプリなど自社サービスを作っている、国内でも最大のWeb企業です。

 

リクルートの課金方法は、リクナビのような「企業からの課金モデル」がメインですが、登録者から月額利用費をもらうスタディサプリのような方法でもマネタイズしています。

 

事例:個人ブログ

また個人であればブログやサイトを作って広告収入を得ることも、自社サービスで稼ぐ方法です。

 

あなたが普段見ているWebページは、ジャンルもコンテンツも様々ですよね。そのどれもが、何かしらの方法で収益を上げています。

 

例えば広告収入。ブログを見ると多くの場合「広告」があると思いますが、あの広告がクリックされると、ページの運営者にはクリックごとに数十円程度の収入が入ります。これはGoogleアドセンスという仕組みです。

 

ブログやサイトは無数にジャンルがあります。そのため、自分が好きなこと、得意なことをまとめたサイトを作れば、それだけで月数万円くらいは稼げます。

 

また、美容やクレジットカードなどの広告費が高いジャンルでサイトを作れば、月数十万円〜月数百万円と、稼げる金額が大きく変わってきます。

 

このように、人が集まるプラットフォームを自ら作って稼ぐ方法が、自社サービスで稼ぐ方法です。

 

2. 受託で稼ぐ

もう一つの方法が、受託で稼ぐ方法です。

 

こちらは自社でサービスを作るのではなく、他人の自社サービスを代わりに作ったり、運用して稼ぐ方法です。

 

事例:広告代理店(サイバーエージェントやセプテーニ)

例えば広告代理店。広告代理店はサービスや商品を世に広めたい、販売したい企業に対して、あらゆるWebマーケティング施策を提供する会社です。

 

代表的な会社だとサイバーエージェントやセプテーニ、オプトなど。こういった会社は、他社のWebサイトを企画して構築したり、運用をしてアクセスや収益を伸ばしていきます。

 

事例:Webマーケターのフリーランス

また、最近だとフリーランスのWebマーケターとして、中小企業のクライアントのマーケティング施策を請け持つ方も多く存在します。

 

案件の単価は様々ですが、1社あたり月30万円前後で、4社掛け持ちして年収1,200万円の方が僕の知人にいます。

 

僕自身Webマーケティング業界で働いていて思いますが、世の中Webに疎い中小企業ばかりですからね。こういった稼ぎ方をするマーケター、本当に増えているんです。

 

僕が稼いだ方法は「1の自社サービス」

さて、上記2つのうち、僕が稼いでいる方法は1番目の「自社サービス」です。

 

僕の場合は冒頭で書いた通り、副業でWebサイト運営をしていますが、広告収入だけで月30万円以上を稼いでいます。

 

経験してみてわかりましたが、ブログはどんな人にもチャンスがあります。普通の凡人の僕でさえ、月30万円というサラリーマンの新卒収入を超えるような金額を稼げるんですから。本当にどんな方にもチャンスがあると思います。

 

元手0、PC1台あれば誰でもブログを立ち上げることは可能で、その上個人で年収1,000万円や2,000万円を稼げるんですから。夢がある世界だと感じます。

 

Webマーケティングで稼ぐ2つの方法

1. 自社サービスで稼ぐ

2. 受託で稼ぐ

 

Webマーケティングの副業で実際に稼いでいる方法はこちらもどうぞ👇

【未経験向け】Webマーケティングで副業するオススメ案件や方法【副業で月30万円以上稼ぐWebマーケターが解説】

 

Webマーケティングスキルを最短で身に付ける3つの方法

Webマーケティングスキルを最短で身に付ける3つの方法

 

  1. Webマーケティング業界に転職する
  2. ブログやサイトを自分で作ってみる(アフィリエイト)
  3. Webマーケティングが学べるスクールを利用する

 

未経験からWebマーケティングで稼ぐためのスキルをつける方法は、上記3つです。

 

1. Webマーケティング業界に転職する

まずオーソドックスな方法は、Webマーケティング業界に転職することです。僕もこの方法を利用しました。

 

Webマーケ業界に転職するメリットは、お金をもらいながらWebマーケティングが学べることですね。

 

例えば僕はもともとWebマーケの知識はなかったですが、今の会社の仕事を通じ、SEOやSNSでどうやって集客をしていくか、その知識をつけることができました。

 

本業でお金をもらいながらWebマーケティングを学ベる、転職して実感していますが、こんなに最高の環境はないですよ。

 

なので、未経験からWebマーケティングを学びたい方には、Webマーケティング業界への転職をおすすめします。特に20代であれば、Webマーケティング業界は未経験でも転職しやすいですので。

 

あなたが20代なら年齢を武器にできる今のうちに、行動することが、将来後悔しないためには必要かなと思います。

 

失敗せずに転職するためのステップは【経験者が語る】未経験からWebマーケティング転職する方法」で詳しく解説しています。実際に僕が、未経験からWebマーケティング転職した経験から書いているので、参考になるかと思いますm(_ _)m

 

未経験からWebマーケティング転職する方法はこちら👇

【経験者が語る】未経験からWebマーケティング転職する方法

 

2. ブログやサイトを自分で作ってみる(アフィリエイト)

自分でブログやWebサイトを作ってみることも、最短でWebマーケティングの実践を積むためにおすすめの方法ですね。

 

特におすすめはアフィリエイト

特にアフィリエイトはおすすめです。アフィリエイトとは成果報酬型広告のことで、サイト上で商品やサービスを紹介し、サイト経由でサービスが売れた場合、手数料として収入が入るビジネスです。先ほど述べた、クリックされた際に収入が入る広告とは異なります。

 

アフィリエイトで収入を得る際は、Webマーケティングに必要な全ての知識が学べます。サイトのジャンルや構成をどうするか、どうやって集客し、どうやって購買に繋げるか。こういったWebで物やサービスを売るために必要なことを、アフィリエイトを通じて全て学ぶことができます。

 

アフィリエイトのトップクラスは個人で年収数億円

余談ですが、アフィリエイトのトップクラスの方は、年間数億円を個人で稼いでます。

 

前述通りインターネット広告市場は規模が大きいため、隙間さえ見つけて参入すれば、個人でも莫大な収入を得ることができます。

 

また、アフィリエイトはリクルートやDMM、楽天などの大手も集客手段の一つとして利用しているWebマーケ業界ではメジャーな手法なので、信頼性も高い方法です。

 

3. Webマーケティングが学べるスクールを利用する

体系的にWebマーケティングを学びたい場合は、Webマーケティングが学べるスクールを利用することもおすすめです。

 

最近はWebマーケティングの実践を学べるスクールが多く出てきました。なので参考までに、オススメのWebマーケティングスクールを紹介しておきますね。

 

オススメのWebマーケティングが学べるスクール

 

結論、上記がおすすめですです。

 

TechAcademyはプログラミングスクール として最大手の1社で、僕もプログラミングを勉強した際に利用したスクールです。

 

TechAcademyは、リスティング広告やSEOなど、Webマーケティング全般を学べる特化コース「Webマーケティングコース」をやっているため、初めてWebマーケを学ぶ場合は検討してみると良いです。

 

特に「独学」でブログ運営をする場合は、実践するからこその「生の知見」は得られるものの、一方「体型的な知識」は得られないことも多々あります。

 

なので、体型的にWebマーケティングを学び、再現性のあるスキルを手に入れたい場合は、こういったスクールの有効活用も視野に入れると成長速度は早まりますね。

>>TechAcademy Webマーケティングコース詳細はこちら

 

※また、TechAcademy含み、「広告に強いスクール」や「SEOに強いスクール」は「現役マーケターがおすすめするWebマーケティングスクール4選比較【オンライン講座や転職保証など】」で詳しく解説しています。

 

 

月100万PVブロガーがまとめたSEO対策講座などもあるので、よければこちらもご覧ください。

 

おすすめのWebマーケティングスクール厳選4つ【転職支援付、オンラインなど】現役マーケターがおすすめするWebマーケティングスクール4選比較【オンライン講座や転職保証など】

 

結論:Webマーケティングはかなり稼げる

結論:Webマーケティングはかなり稼げる

 

最後に、Webマーケティングができるようになると人生は大きく変わります。

 

今の時代、Webを活用したいと思う企業は山ほどあるものの、肝心のWeb人材はどこの企業も足りてないです。そのため、Webマーケティングスキルを身につければ、仕事には困りません。

 

また、Webマーケティングができるようになると、個人で収入を得ることもできます。前述通り月10〜30万円くらいなら、正しい方法でやって行けば、本当に誰でも稼ぐことはできます。

 

 

上記でも書いていますが、月10〜30万円とはいわず、たった月5万円でも稼げれば、生き方のオプションは圧倒的に広がります。

 

Webマーケティングなら場所を選ばず、日本だけでなく世界中どこでも仕事ができます。そのため、物価の安い東南アジアなどにいけば、月5万円でも生活できます。

 

ということで、Webマーケティングはかなり稼げる上に、自由度が高まりやすいのでオススメです。

 

Webマーケティングは学んで得することはあっても損することはほとんどないです。自由を手に入れたいなら、Webマーケティングスキルを学びましょう。

 

人気記事Webマーケティング転職で使ってよかったおすすめ転職サイト・転職エージェント5選

人気記事現役マーケターがおすすめするWebマーケティングスクール4選比較【オンライン講座や転職保証など】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です