初心者が副業のLP(ランディングページ)制作案件を受注して稼ぐ方法【実践者が解説】

初心者が副業のLP(ランディングページ)制作案件を受注し、稼ぐステップ【実践者が解説】

副業でLP(ランディングページ)制作案件をやって稼ぎたい。でも、初心者でもLP制作案件を受注し、副業することはできるのかなぁ…?

 

本記事では上記の疑問に答えていきます。

 

結論から言うと、初心者の副業に「LP制作(ランディングページ制作)」案件はおすすめです。

 

理由は記事で解説しますが、一言で言えば「初心者でも稼ぎやすく、かつ需要や自由度が高いから」です。

 

これを書いている僕は、完全未経験からプログラミングを学んでスキルを習得。現在はWeb企業で会社員として働きつつ、ランディングページ制作案件などを副業で受け、月20〜30万円ほど稼いでいます。

 

実際にLP(ランディングページ)制作の副業をやっている経験から、完全初心者からLP案件を受注し、稼ぐまでの知識や、具体的な道のりまで、経験を通じて理解しています。それらについて、本記事で全て解説します。

 

本記事の内容を読んで行動すれば、完全初心者からでもLP制作で稼げるようになりますよ。

 

5分ほどで読める文量です。「LP制作で稼ぎたいと本気で思う方」のみ、続きをどうぞ。

 

初心者の副業にLP制作(ランディングページ制作)がおすすめな3つの理由

初心者の副業にLP制作(ランディングページ制作)がおすすめな3つの理由

 

冒頭の通り、初心者の副業にはLP制作案件は特におすすめです。

 

なぜおすすめかというと、理由は以下の3つです。

 

  1. LP制作の副業は初心者でも始めやすいから
  2. LP制作の副業は受注も難しくないから
  3. 収入が良く、働き方も自由が効くから

 

上記3つです。それぞれ解説しますね。

 

1. LP制作の副業は初心者でも始めやすいから

LP制作の副業は初心者向きです。

 

そのため、いま全くスキルを持っていない方でも、LP制作であれば、早期にスキルを身につけ、収入を得ることがLPができます。

 

詳細は後述しますが、LP制作に必要なスキルは易しい者が大半です。そのため、完全初心者であっても、1〜3ヶ月短期集中で勉強すれば習得することができます。

 

ですから、短期間で集中的に勉強さえすれば、初心者でも今から3ヶ月〜半年後に、副業のLP制作で稼ぐことは十分可能なんですよね。

 

僕自身、これまでWeb系プログラミング言語を様々学んできました。その中でもLP制作に必要なスキルは、いろんな分野の中でも、かなり易しめで、初心者向きの内容でした。

 

プログラミングは個人でも稼ぎやすい筆頭のスキルですが、その中でも「LP制作」は、初心者でも特に稼ぎやすいスキルです。

 

2. LP制作の副業は受注も難しくないから

LP制作の場合、スキルを身につける際だけでなく、その後に「案件を受注する際」も、実は難しくありません

 

なぜなら、LP制作は需要が高く、仕事が多く存在するからです。

 

いまの時代、インターネットで物やサービスを売る企業が増えています。それでも、みんながみんな、ランディングページを持っているかと言えば全くそうではないですし、自分たちで作れるかといえば、こちらもそうではありません。

 

ですから、上記のような人には、「LP制作を誰かに任せたいニーズ」を持っています。ですがこのニーズを満たせる肝心の人材が少ないことが事実です。

 

だからこそ、初心者でもLP制作を学んでスキル習得すれば、個人でも案件受注はしやすいんですよね。

 

3. 収入が良く、働き方も自由が効くから

加えてLP(ランディングページ)制作案件は収入もそこそこ良く、かつ働き方も自由が効きやすいです。

 

案件相場は後述しますが、LP制作をこなすだけでも、副業で月5〜10万円を稼ぐことは可能です。

 

例えばLP制作の場合、「1件あたりいくら」という費用形態が多いです。そのため、数をこなせば収入を増やせます。

 

また、スキルを高めて「高単価案件」を受けられるようになれば、その分楽に収入を増やすこともできます。

 

このように、「量」を追求しても、「質」を追求しても、どちらのアプローチでも高収入を目指していけるんですよね。

 

それもこれも、LP案件自体のニーズが高いからです。

 

だからこそ、最初は数をこなしながら稼ぎつつ、徐々に質を高めていけば、どんどん楽に稼げるようになります。

 

ここまでをまとめると、

  1. LP制作の副業は初心者でも始めやすいから
  2. LP制作の副業は受注も難しくないから
  3. 収入が良く、働き方も自由が効くから

 

以上の3つの理由から、初心者の副業にはLP制作がおすすめです。

 

初心者がLP制作で副業する場合の案件相場(月収の目安)

副業LP制作の案件相場(月収の目安)

 

結論、ランディングページの制作単価は概ね「1件あたり5〜10万円」となります。

 

【事例】実際のランディングページ制作案件を見てみる

百聞は一見にしかず、実際のLP制作案件を見てみましょう。

 

下記はクラウドワークスに掲載されていたLP制作案件です。

 

LP制作 案件相場

 

上記の通り、1件あたり5万円〜10万円のものが散見されますね、

 

こういった案件を月に1件やれば、それだけで月5〜10万円です。

 

【悲報】現代はサラリーマンとして収入を伸ばすことが難しい時代

悲報ですが、現代はサラリーマンの平均年収が400万円台を切るような時代です。そんな中、会社員が収入を伸ばすことは難しいです。

 

それこそ、月に5〜10万円収入を上げるとなると、年間で60〜120万円収入を上げる必要があります。

 

年収400万円に届かない時代背景を考えれば、年間60〜120万円収入アップが難しいことは、なんとなくイメージが湧くと思います。

 

その点ランディングページの副業であれば、たった半年程度でも、月5〜10万円収入を増やすことができます。LP制作の副業をやっている立場から言っても、これが本当に大きなメリットだと思います。

 

そのようなことが実現できるのも、前述したように、LP制作のニーズが高い一方で、肝心の人材が不足しているからです。

 

だからこそ、スキルさえ短期で身につけてしまえば、会社員としては実現が難しい「収入アップ」を、実は誰でも実現できるんですよね。

 

以上が、LP制作の案件相場であり、あなたがLP制作スキルを習得すれば、実際に実現できる収入となります。

 

LP制作で副業する際に必要なスキル

LP制作の副業で必要なスキル

 

  • HTML/CSS
  • JavaScript
  • PHP(基礎だけでOK)

 

結論、LP案件で必要なスキルは上記の通りです。

 

まずHTML/CSSは必要です。静的なサイトを作る際に必要なスキルであり、このスキルがないとLP制作はできません。

 

また静的なサイトを動的なサイトにする際に、JavaScriptのスキルが必要です。そのため、JavaScriptのスキルも一緒に学んでおきましょう。

 

あとはPHPの基礎も学んでおくと、LP制作で活きやすいです。

 

「HTML/CSS」と「JavaScript」、そしてPHPの基礎。これらのスキルを学んでおけば、初心者からでもLP制作はできるようになります。

 

前述通り、どれも易しめのスキルです。ですから、行動さえ起こせば、初心者でも短期集中で身につけることは十分可能です。

 

【初心者向け】副業LP制作で案件を受注し、稼ぐまでの2ステップ

【初心者向け】副業LP制作で案件を受注し、稼ぐまでの2ステップ

 

じゃあどのように行動していけばいいのか?

 

ステップは以下の2つだけです。

 

  1. プログラミングを学習する
  2. クラウドソーシングでLP制作案件を受注する

 

上記2つです。それぞれ解説しますね。

 

1. プログラミングを学習する

まずは「プログラミングを学習すること」がファーストステップです。

 

前述通り、ランディングページ制作で必要なスキルは以下でしたね。

 

  • HTML/CSS
  • JavaScript
  • PHP(基礎だけでOK)

 

上記スキルです。これらのスキルをまずは習得しましょう。

 

最短でスキル習得するならプログラミングスクールがおすすめ

ではどうやって勉強するといいかというと、結論、最短でLP制作に必要なスキルを学ぶなら、プログラミングスクールで学ぶことがおすすめです。

 

なぜなら、プログラミングスクールであれば、LP制作に必要なスキルを無駄なく効率的に学べるからです。

 

プログラミングスクールでLP制作を学ぶメリットとは?

まずスクールの場合、実務スキルが最短で身につくカリキュラムが整っています。

 

プログラミングスクールのカリキュラムは、現役でバリバリ活躍する有能なエンジニアが作っているものです。そのため、学習内容に一切無駄がなく作られていることが特徴です。

 

なので、遠回りすることなく、必要なスキルを必要なだけ学ぶことが、プログラミングスクールであればできます。

 

スクールであれば、わからないことをいつでも聞くことができる

またプログラミングスクールの場合、わからないことは、いつでも現役エンジニアに質問することができます。

 

そもそもプログラミングの場合、わからないことを一つ解決するだけでも、相当な時間を要します。

 

僕自身、プログラミングを始めた当初は「独学」で勉強していたのですが、問題を感じていました。

 

その問題は何かというと、わからないことを一つ解消するだけでも、30分、1時間と、時間を大幅に消費してしまうことでした。

 

しかも厄介なことは、時間を消費することが1回ではなく、わからないことは1日に何度も出てくることです。そのため、1日に2時間、3時間と、わからないことを調べるだけで、時間を消費した日も多くありました。

 

つまり、時間をかけて独学をやっていても、学習が全くスムーズに進まなかったんですよね。。そんな状態が続いたため、僕は最終的に挫折しました。

 

そのあとプログラミングスクールを利用したのですが、独学だと毎回壁にぶつかり、止まっていたことも、プロに質問しながら学べたことで、習得スピードが格段に上がりました。結果、今では副業で自由に稼ぐことができるようになりました。

 

この話は僕だけでなく、プログラミング学習者を見ていてもみんな同じです。事実、プログラミングを独学で勉強する人の約90%は挫折していると言われています。

 

このように、独学はハードな道です。だからこそ、特に「初心者の段階」は、スクールでプロのサポートを受けつつ、学ぶことが良いんじゃないかと僕は思っていますし、実際そうなんだろうと確信しています。

 

もちろん、独学でスキル習得している人もいるので、完全にNGというわけではないです。

 

ですが、大半の人は挫折することも事実だからこそ、迷ったら「スクール利用一択」で良いと思いますよ。

 

ということで、プログラミングスクール利用の方向で、話を進めていきますね。

 

LP制作スキルが最短で身につくプログラミングスクール

LP制作を学ぶにあたりプログラミングスクールがおすすめですが、スクールの中にも良し悪しは存在します。

 

その中で、LP制作を学ぶなら、以下のプログラミングスクールがおすすめです。

 

  1. TechAcademy フロントエンドコース【LP制作のスキルが最短4週間で身につく】
  2. 侍エンジニア塾 【オーダーメイドカリキュラムでLP制作を集中的に学べる】

 

結論、LP制作スキルが学べるおすすめスクールは上記です。

 

中でもTechAcademy フロントエンドコースは最短4週間でLP制作のスキルが身につくスクールです。

 

僕自身も受講したスクールですが、オンラインで実践スキルが身に付く良質なスクールでした。カリキュラムも質が高く、講師もとても優秀でした。費用感も安いので、迷ったらTechAcademyで間違いないです。

 

ということで、プログラミングスクールで学習し、LP案件に必要なスキルを習得することがファーストステップです。

 

2. クラウドソーシングでLP制作案件を受注する

実際にスキルを学んだら、次は早速「仕事」を受けてみましょう。

 

「もうこのタイミングで案件を受けるの??」と思うかもしれませんが、問題ないです。

 

例えばクラウドソーシングサイトの「クラウドワークス」には、未経験でもできる仕事が多く掲載されています。

 

こういったサイトであれば、経験の浅い個人でも仕事をすることができます。

 

まずは1件。調べながらでもこなしてみよう

最初は不安だと思います。「本当に自分自身にできるのだろうか。。」と。僕も最初はそうだったから気持ちわかります。

 

それに対して答えると、実際やればなんとかなりますよ。

 

それこそ、調べながらでもできますし、本当にわからなければ誰かを頼ればいいんです。例えばスクール自体に知り合った講師とかですね。

 

重要なことは、できるだけ早い段階で、まずは1件、案件をこなすことです。LP制作に限らずどんなこともそうですが、実践を積むからこそ、早いうちに実践的なスキルが身につくからです。

 

もちろん、最初から高単価の難しい案件はやるべきではないです。最初は低単価の簡単な案件で十分なので、そういった案件にトライしてみましょう。そして、ネットや本、場合によって人の手も借りながら、何とか1件をやりきりましょう。

 

そうすれば、その経験自体が「自信」に繋がります。また自信が生まれるだだけでなく、実践を通じて「スキル」も身につきます。

 

多くの初心者の場合、「稼ぐ機会」を後に回しすぎなんですよね。その結果、稼ぐ経験を積めないまま、「やっぱり自分には難しいかも..」と、チャレンジする前に諦めてしまっています。

 

だからこそ繰り返し伝えたいのですが、LP制作の仕事は難しくないです。本記事で紹介したステップで学んでいけば、誰でもできるようになります。

 

だからこそ、プログラミングスクールで学習したら、その後は早いうちに「小さな実践経験」をまず積んでおくべきですね。

 

そうすることで、本当の意味で自信もスキルも身につきます。結果として、理想の未来も早く近づくからです。

 

まとめ:未経験からのLP副業はおすすめです

まとめ:未経験からのLP副業はおすすめです

 

述べてきた通り、LP制作のスキルを身につければ、副業で月5〜10万円の副収入を得たり、リモートワーク・在宅勤務で自由に働くこともできます。

 

サラリーマンとして頑張っても、収入は上がっていかない時代です。だからこそ、これからはどんな個人も、自分自身の力で稼げるようになっておく必要があります。

 

むしろ、自身で稼ぐスキルがないと、あなた自身が生きていくことも、大切な家族を守ることもできない時代だからです。

 

その点、今回ご紹介したLP制作であれば、未経験からでも手に職を身につけ、個人で稼ぐ力が身につきます。また、時間と場所に縛られない働き方をすることもできます。

 

とはいえ、ここまで読んでも90%の人は行動しないです。でもこれは裏を返せば、ここで行動さえ起こせば、その時点で上位10%には入れるということですね。

 

LP制作やプログラミングは「行動したもの勝ちの」世界です。だからこそ、まずは行動を起こすこと。それが吉かなと思います。

 

今回ご紹介したLP制作が学べるスクール

  1. TechAcademy フロントエンドコース【LP制作のスキルが最短4週間で身につく】
  2. 侍エンジニア塾【オーダーメイドカリキュラムでLP制作を集中的に学べる】

 

人気記事【社会人向け】働きながら学べるプログラミングスクール3つを受講者が厳選

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です