Workship(ワークシップ)の評判・口コミ・感想は?【実際に利用した体験談を紹介】

WorkShip(ワークシップ)の評判・口コミ・感想

WebマーケターのRuiです。僕は現在Web企業で働きつつ、副業でマーケティングやプログラミング、メディア運営などをやっていますが、今回紹介する「Workship(ワークシップ)」を利用し、とあるWebメディア構築・運用案件に参加しました。

 

その経験から、Workshipは実際どんなエージェントで、使うとどんなメリット・デメリットがあるかがわかりました。

 

そこで本記事では、Workshipの特徴から実際の体験談、感想まで、徹底レビューをしていきます。

 

また僕の感想だけでなく、Workship利用者の評判、口コミも集めてみました。

 

Workshipを利用するかどうか悩んでいるなら、この記事一つですべてわかるようになっています。

 

ぜひ最後までご覧ください。

>>Workship公式サイトへ

 

今すぐ無料登録したい方はこちら⇩無料で簡単登録可能!)

 

最初に知っておくべきWorkship(ワークシップ)の特徴

まず初めに、Workshipの特徴を簡単に紹介します。

 

  1. フリーランスや会社員向けの案件紹介エージェント
  2. 職種も様々(マーケター、デザイナー、エンジニア、ディレクターなど)
  3. リモート案件・週1〜3日案件が豊富

 

以上の3つです。それぞれ簡単に解説しますね!

 

※「Workshipがどんなものかわかっているよ!」という方は、「こちらから」記事中盤の体験レビューに飛べますので、読み飛ばしてください。

 

フリーランスや副業向けの案件紹介エージェント(Web系中心)

Workshipは株式会社GIGが運営する、フリーランスや会社員向けの案件紹介エージェントです。分野はWeb系です。

 

フリーランス・副業案件を探したことがあるならわかるかもしれませんが、世の中のエージェントの多くは「フリーランス」に特化しており、副業案件は少なかったりします。

 

その点Workshipは、副業可能な案件が特に多かったことが印象的でした。

 

そのため、

 

  • いまフリーランス としてバリバリ働いている方

 

上記はもちろん、

 

  • 将来独立を考えていて、スモールスタートで副業として始めてみたい人
  • いまの会社を辞めるつもりはないけど、副業で自分の力を試してみたい、スキルアップしたい、お金を稼ぎたい方

 

上記に当てはまる方には、Workshipは特に役立つエージェントですよ。

 

リモート案件・週1〜3日案件が豊富

個人的に驚いたのは、リモート案件・週1〜週3日案件が豊富だったことです。

 

他のエージェントだと、リモート案件はそこそこありましたが、週1〜2日くらいから参加できる案件は少なかったです。

 

その点Workshipは、副業としてもやりやすい週1〜2日、土日のみOK、かつリモートの案件が多く、本業がある僕自身助かりました。

 

職種も様々(マーケター、デザイナー、エンジニア、ディレクターなど)

もう一つ特徴的なのは、職種が様々なことです。

 

Workshipでは以下の職種の仕事が掲載されています。

 

Workshipにある仕事一覧

エンジニア(フロントエンドエンジニア、バックエンドエンジニア、インフラエンジニア 、iOS/Androidアプリエンジニア)

デザイナー

ディレクター

マーケター

編集・ライター

セールス

人事

広報

コーポレートスタッフなど

 

このように、よくあるエンジニアやデザイナーだけでなく、マーケターやディレクター、セールスやバックオフィス系(人事、広報、コーポレートスタッフ)に至るまで、本当に様々な案件がありました。

 

個人的にはマーケター兼プログラマーなので、マーケター案件が多かったことが特に良かったです。マーケターで副業したいなら、Workshipは登録必須だと思います。

 

Workshipのその他の特徴

✔︎ 案件は直請けが多い(そのため単価も高い)

✔︎ 専任コンサルタントが徹底サポートしてくれる

✔︎ フリーランスのための福利厚生充実!(確定申告に向けた会計ソフトfreeeを無料で使える、フリーランス向け勉強会があるなど)

✔︎ facebookコミュニティがあり、新着案件が出たらメールだけでなく、facebookコミュニティ内でも流してくれる

✔︎ 支払いサイトは30日(月末締め翌月末払い)

✔︎ 1人会社など、法人利用でも案件を受けられる(法人口座で登録必要)

 

今すぐ無料登録したい方はこちら⇩無料で簡単登録可能!)

 

僕がWorkship(ワークシップ)を実際に利用した感想

ここからは僕が実際にWorkshipを利用した感想を紹介します。

 

WorkShip 体験談

Workship利用者だけが入れる会員画面の一部

 

良かったこと①:高単価案件が多かった(時給3,000円〜5,000円など)

まず感じたことは、高単価案件が多かったことです。

 

他のエージェントだと、時給でいうと3,000円以下の案件も多かったのですが、Workshipには3,000円〜5,000円ほどの案件が多かったことが印象的でした。

 

ちなみに僕が参画したのは、時給5,000円のWebマーケティング案件でした。とあるメディアの立ち上げを行う案件で、その案件にディレクターとして参画しました。

 

時給3,000円〜5,000円だと、お金の面でもかなり良いです。そもそも上場企業の会社員が、時給換算すると3,000円台くらいですからね。日本で給料がトップクラスの総合商社でさえも、5,000円〜6,000円台が時給換算した相場です。

 

もちろん会社員とフリーランスは額面の単純比較はできませんが、3,000円〜5,000円はかなり良いと思いました。

 

良かったこと②:案件レベルも様々で、どんな人でもスキルアップできる案件があった

時給が高い分、案件は上級者向けが多いんじゃないかな…自分にできるだろうか…。

 

安心してください。Workshipには実務経験1年程度の浅めの方向け〜上級者向けまで、様々な案件がありました。

 

例えばマーケティングのアシスタント案件などがありました。がっつりマーケター、という訳ではないですが、マーケターのコンテンツ制作をサポートしながら、スキルアップできる案件でしたね。

 

また、Workshipの案件では、実際に参画する前にトライアル期間もありました。なのでその期間で実際にやってみて、果たして自分にできそうか、確認することもできました。

 

このように、あなたのスキルレベルに合わせて、いろんな案件を経験できるのがWorkshipの良さだと感じました。

 

良かったこと③:リモート完結でできて助かった

リモートOKとはいうけど、本当はオフィスに行かないといけないんじゃない…?

 

そう思うかもしれませんが、結論、本当に全てリモートで完結しました。

 

厳密にいうと、案件に応募した際の最初の面談は、発注会社とお会いして行いました。でもそれ以降は、全てオンラインで仕事が進んでいきましたね。

 

今の時代、チャットツールのChatWorkや、オンライン会議システムのZoomやWherebyを利用すれば、場所が離れていても仕事はできます。

 

実際に僕が参画していたプロジェクトも、ほぼ全員住んでいる場所はバラバラでしたよ。都内にいる方もいましたし、海の近くで豊かなライフスタイルをしている方もいました。

 

このように、Workshipはリモートで全て完結したことが、個人的に満足度が高かったことですね。

 

良くなかったたこと①:案件の数は大手エージェントと比べると少なかった

一方で、案件の数自体は、大手エージェントと比べると少し物足りなかったですね。

 

  • まずはとにかくたくさんの求人を知りたい
  • 豊富な選択肢の中から選びたい

 

そういう場合は、現時点ではWorkshipは最適ではないかもしれません。

 

一方、案件獲得にも力を入れているようなので、今後は案件数が増えていくと思います!

 

Workship(ワークシップ)の評判、口コミ

ここからはWorkshipの評判、口コミを紹介します。

 

 

 

上記のように、Workshipには良い評判が多かったです。

 

特にWorkshipの案件については、名だたるメディアさんの案件が並ぶなど、質を評価する声が多かったです。

 

案件の発注者としてはWeb系ベンチャーやスタートアップが多いですが、勢いがあって有名なベンチャー企業の案件も実際にありましたので、上記評判は合っていると思います。

>>Workship公式サイトへ

 

今すぐ無料登録したい方はこちら⇩無料で簡単登録可能!)

 

Workship(ワークシップ)がおすすめな人

以上のことを踏まえて、Workshipがおすすめな人は以下です。

 

Workshipがおすすめな人

✔︎ リモートかつ週1〜3日の案件を探しているフリーランスや会社員の方

✔︎ エンジニア・プログラマー・デザイナーはもちろん、特にマーケターやディレクターの方

 

それぞれ簡単に解説しますね。

 

リモートや週1〜3日、副業案件を探しているフリーランスや会社員の方

まずはリモートや週1〜3日、副業など、スモールスタートできる案件を探しているフリーランスや会社員の方におすすめです。

 

Workshipの案件には、僕のように別で本業を持ちながら、2つ目の仕事として案件参画しているフリーランスや会社員が多かったです。

 

他のエージェントだと、そういった案件はなかなか少なかったりするので、リモートや週1〜3日で案件を探しているフリーランスや会社員には、Workshipは特におすすめです。

 

エンジニア・プログラマー・デザイナーはもちろん、特にマーケターやディレクターの方

また上記の通り、エンジニア・プログラマー・デザイナーは案件豊富なのでもちろんおすすめですが、それ以上におすすめしたいのはマーケターやディレクターの方です。

 

僕が参画した案件もそうですが、Workshipにはマーケティングやディレクターの好案件が多く存在していました。

 

なので、これまでのマーケターやディレクター経験を生かして自身の幅を広げたい人は、Workshipは特に良いと思います。

 

高単価案件をやりたい人

前述通り、Workshipには時給3,000円〜5,000円の案件が豊富にありました。

 

なので、れまでの経験を生かして、できるだけ高単価案件をやっていきたい場合にも、Workshipはおすすめです。

>>Workship公式サイトへ

 

今すぐ無料登録したい方はこちら⇩無料で簡単登録可能!)

 

逆に、Workship(ワークシップ)がおすすめではない人

一方、Workshipがおすすめでない人も存在します。

 

Workshipがおすすめでない人

✔︎ 完全初心者の方

 

こちらも解説しますね。

 

完全初心者の方

「プログラミングもデザインもWebマーケティングも全くやったことないけど、仕事を受けたいです!」

 

残念ながら上記のような完全初心者の場合、Workshipの利用は難しいです。

 

Workshipは基本的には実務経験者向けのサービスとなります。厳密な定義はありませんが、目安としては、実務経験1年以上くらいかなと思います。

 

一方、何かしらアピールできる実績があればチャンスはある

とはいえ、実務経験が浅くてもできる案件はありますし、本業で実務経験がなくても、例えば自分でWebサイトを作ってバリバリ運用していた等の経験があれば、チャンスはあります。

 

例えばWebマーケティングであれば、以下のような「方法」で、以下のような「スキル」を身につけていけば、上記のようにサイトをバリバリ作って運用する実績を、個人で積むこともできます。

 

  1. 独学で「SEOスキル」を学ぶ(参考:Webマーケティングの独学方法を、現役マーケターが1から解説【最短で習得する完全マップ】
  2. Webマーケティングスクールで「広告運用スキル」を学ぶ(参考:現役マーケターがおすすめするWebマーケティングスクール4選比較【オンライン講座や転職保証など】

 

このようにステップを踏んでいけば、今あなたに実務経験がなくても、個人で実績を積んでいくことは十分可能ですよ。

 

上記のような方法だったり、あるいは今回紹介した職種でアピールできる実績が少しでもあるのであれば、Workshipで登録にチャレンジしてみると良いと思います。

 

僕がWorkShipに登録し、無事審査に通った後に来た面談依頼メール

 

登録に進むと、上記のように、無事審査に通ればそのまま面談に進み、案件に応募できます。

 

仮にNGであっても、審査のNG連絡が来るだけで、リスクは何もありません。

 

WorkShip(ワークシップ)登録の流れ

手順1
無料登録を行う
Workship公式サイト」から無料登録する
手順2
審査結果を待つ
登録内容をもとに審査結果を待つ
手順3
エージェントと面談する
エージェントサービスを利用する場合は面談実施(エージェントを介さないプラットフォーム機能もあり)
手順4
気になる案件に応募する
エージェントの紹介、または会員専用サイトで見つけた案件に応募する
手順5
仕事スタート!
実際に案件参画が決まれば仕事をスタート!

 

流れは上記の通りです。

 

まず最初のステップは「無料登録」となります。「Workship公式サイト」から簡単に無料登録できるので、こちらのステップに進みましょう。

 

その後審査となるので、審査が無事通れば、エージェントとの面談であなたに合った仕事を紹介してもらうか、会員専用のサイトで気になる求人に応募しましょう。

 

良い案件と無事マッチングができれば、そこから仕事スタートとなります!

 

まとめ

最後に、これからの時代は「ただ会社に属する」だけでなく、誰もが個人で稼ぐスキルをつけなければやっていけない時代です。

 

いまの時代、給料は上がらず終身雇用は崩壊。年金制度も不安があり、社会保障の負担は今後もさらに増していくでしょう。

 

これまでは「時間が経てば経つほど豊かになれる時代」でした。でも今は「時間が経てば経つほど、何もしなければ貧しくなる時代」です。

 

そういう時代に僕たちは生きているからこそ、個人のスキルを磨いたり、自分のスキルでお金を稼げるような状態になっておくことが必要です。

 

その点、今回紹介したWorkshipは、自分のスキルや経験を高める場、培ってきたものを発揮する場として最適です。

 

Workshipには、誰でも無理なく始められるフリーランス・副業案件が豊富にあり、手厚い保証もあります。その上単価も良いので、スキルアップしつつ、お金ももらうこともできます。ここまで一石二鳥な機会はなかなかないと思います。

 

唯一、完全初心者にはおすすめできないですが「エンジニア・プログラマー・デザイナー」として経験がある方はもちろん、個人的には、他のエージェントでは案件が少ない「マーケターやディレクター」の方にも、Workshipを通じて更なるスキルアップをして欲しいなと感じます。その機会がWorkshipならあります。

 

個人的に使ってみて本当に満足したエージェントだったので、よければ使ってみてくださいね!

>>Workship公式サイトへ

 

今すぐ無料登録したい方はこちら⇩無料で簡単登録可能!)

 

人気記事現役マーケターがおすすめするWebマーケティングスクール4選比較【オンライン講座や転職保証など】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です