Webマーケティングの仕事を辞めたい、辛い人へ【次の選択肢は2つある】

Webマーケティングの仕事を辞めたい時の選択肢【結論2つある】

Webマーケティングの仕事が思っていたよりも辛くて辞めたい…。でも辞めた後にどうすればいいかもわからない…。Webマーケティングの仕事を辞めた後の選択肢はどのようなキャリアがあるんだろう?

 

本記事では上記のような疑問に答えていきます。

 

Webマーケティングの仕事は一見華やかである一方、実は泥臭く、地道で、大変なことも多い仕事です。

 

そのため「思っていたよりもWebマーケティングの仕事ってきついな…」と感じる方も、意外と多いんですよね。

 

これを書いている僕もWebマーケティングの仕事をしていますが、周囲のマーケター仲間の中にも、Webマーケティングの仕事を辞め、違う環境へと舞台を移す方もいます。

 

そのため、Webマーケティングの世界に一度入ったからと言って、全員が全員、マーケター畑を進むわけでもありません。

 

とはいえ、本当にWebマーケティングの仕事を辞めていいのか、辞めてどうするのか、なかなかイメージは湧かないですよね。

 

そこで本記事では、

 

  • Webマーケティングの仕事を辞めたいと感じる理由
  • Webマーケティングの仕事を辞めたいと思ったら考えておくべきこと
  • Webマーケティングの仕事を辞めたい場合の選択肢

 

これらについて解説をしていきます。

 

僕はWebマーケティングの仕事に就く前は、人材会社で転職支援の仕事をしていました。その中ではマーケターの転職支援もしていたので、客観的な立場から、マーケターがその後のキャリアで歩める道も把握しています。

 

そのような経験から、Webマーケティングを辞めたい方の悩みに答えます。

 

本記事を読めば、Webマーケティングの仕事を辞めたいと感じたときに、現実的に取れる選択肢がわかりますよ。結論、2つあります。

 

5分ほどで読めるので、現状を本気で変えたいと感じる方のみ、続きをどうぞ。

 

Webマーケティングの仕事を辞めたい、辛い、しんどいと感じる理由

Webマーケティングの仕事を辞めたい、辛いと感じる理由

 

まずはWebマーケティングの仕事を辞めたいと感じる主な理由について、主な理由を解説します。

 

  • 仕事の結果が出なくて辛い(努力が必ずしも結果に結びつかない)
  • 売上や数字など、目に見える結果に追われてきつい
  • 仕事が忙しすぎてプライベートの時間が取れない
  • 職場の人間関係が合わない

 

結論、上記が主な理由です。一つずつ簡単に解説しますね。

 

仕事の結果が出なくて辛い(努力が必ずしも結果に結びつかない)

まずWebマーケティングの仕事を辞めたい理由で多いことは、仕事の結果が思うように出ず、精神的に病んでしまうことです。

 

Webマーケティングの仕事は正解がない

上記の通り、Webマーケティングの仕事には正解が用意されていません。そのため、数字を分析しつつ、仮説検証を繰り返しながら、様々な施策を打っていくことが仕事です。

 

Webマーケティングのように、正解がない仕事の場合、努力が必ずしも成果につながらない特徴があります。

 

この努力が必ずしも結果に繋がらないことが、精神的にきつくなる主要因なんですよね。

 

正解がない中で試行錯誤するのは、言って見れば「出口の見えない暗闇の中を、さまよっているような感覚」です。ですから、精神的にきついことは当然です。

 

ゴールの見えないマラソンはきついですよね。それと同じです。ゴールが見えない中を、ずっと走り続けることは誰だって辛いんですよね。

 

売上や数字など目に見える結果に追われてきつい

Webマーケティングの仕事は明確に「売上」「数字」が出ます。

 

このような「目に見える結果」に追われることも、Webマーケティングの仕事のきついところです。

 

例えば、良いと思って企画したマーケティング施策が、全く当たらなかった場合。こういった結果も全て目に見える数字で出るため、結果に責任を感じ、仕事を辞めたいと感じることも多いです。

 

僕も仕事で数字が出なかったときは辛くなりますし、それは周囲のマーケターもみんな同じです。

 

はっきりと数字が出ることは仕事のPDCAを回しやすいメリットがある一方、結果が出ないときは自身を苦しめる要素にもなり得るんですよね。

 

仕事が忙しすぎてプライベートの時間が取れない

前述通り、正解がない仕事だからこそ、やり込もうと思えばいくらでも時間を消費できます。

 

そのため、業務過多になり、結果プライベートの時間を犠牲にしてしまうマーケターも多いです。

 

「趣味のプライベートに時間を使いたい」

「本当はもっと家族と過ごす時間を作りたい」

 

このような理由から、Webマーケティングの仕事を辞めたいと感じるマーケターも、見ていてとても多いですね。

 

職場の人間関係が合わない

職場の人間関係起因で、マーケターの仕事を辞めたいと感じる方も多いです。

 

特にWebマーケティングに携わる人は、誤解を恐れずにいえば、少し性格が変わっている方も多いです。そのため、気が合わないような人も、職場には一人や二人いたりするものです。

 

そのような人間関係が理由で、Webマーケティングの仕事を辞めたい人も多いです。

 

他にもたくさんの理由がある

他にも細かくいえば、給料が上がらない、成長に評価されないなど、Webマーケティングの仕事を辞めたい、大変な理由は様々です。

 

以上紹介してきたことが、Webマーケティングを辞めたいと感じる主な理由です。

 

Webマーケティングの仕事を辞める前に考えておくべきこと

Webマーケティングの仕事を辞める前に考えておくべきこと

 

Webマーケティングの仕事を辞めたい場合、必ず考えておくべきポイントがあります。

 

  1. 今の悩みがWebマーケティングの仕事が原因なのか
  2. または他のところ(会社、人など)にあるのか

 

結論、あなたが仕事を辞めたい理由が上記1,2どちらに当たるか、考えておくことです。

 

なぜなら、上記2つどちらに当てはまるかにより、今後取るべき進路、キャリアが大きく変わるからです。

 

それぞれ簡単に説明しますね。

 

例①:「Webマーケティングの仕事」が原因の場合

まず上記の場合、Webマーケティングの仕事を変えることが必要です。

 

なぜなら、仕事を辞めたい原因が「Webマーケティングの仕事自体」にあるからです。そのため、仕事自体を変えないと、解決に繋がりにくいです。

 

例えば、Webマーケティング特有の「数字を追う仕事」が悩みの原因であれば、数字から離れる必要があります。

 

Webの仕事はどこまで言っても数字は付いてきます。なので、本当に数字から離れたい場合、全く別の仕事も検討に入れる必要があります。

 

このように、Webマーケティングの仕事自体が悩みの原因である場合は、「職種を変える転職」も時には必要となります。

 

例②:Webマーケティングの仕事「以外」が原因の場合

一方、悩みがWebマーケティングの仕事「以外」の場合は、Webマーケティングの仕事も含めて、別の環境を探すことを検討すると良いです。

 

なぜならこの場合、仕事を辞めたい原因は「Webマーケティングの仕事自体」にあるのではなく、「それ以外」にあるからです。

 

例えば、あなたが所属している「会社」や、あなたが一緒に働く「人」など。これらが原因で悩んでいる場合、原因は「Webマーケティングの仕事」ではないですよね。

 

また、「残業が多すぎる」が悩みの場合。この場合も、Webマーケティングの仕事は変えずとも、会社や環境を変えるだけで、悩みを解消できる可能性は十分あります。

 

Webマーケティングの仕事以外が原因の場合、今までの仕事経験を活かすこともできます。そのため、良い転職を実現できる可能性も高くなります。

 

だからこそ、今あなたがWebマーケティングの仕事を辞めたい理由が、

 

  1. Webマーケティングの仕事自体にあるのか
  2. それとも別のところにあるのか

 

これを一度考えてみることをお勧めします。

 

特に2であれば、業界内で転職などを検討すれば、これまでの経験を活かしつつ、より良い条件の会社に行くことも目指せます。

 

この観点で自身の感情を整理すると、自身にとって良い選択を、冷静に取ることができますよ。

 

Webマーケティングの仕事を辞めたい人の選択肢2つ

Webマーケティングの仕事を辞めたい人の選択肢2つ

 

ここまで述べてきたことを踏まえて、これから取れる選択肢は大きく以下2つです。

 

  1. Webマーケティングの経験を活かし、今より条件の良い会社やポジションへ転職する
  2. Webマーケティングの仕事を辞めて、全く異なる仕事へ転職する

 

上記の通りです。

 

「これまでの経験を活かしつつ、環境を変えるか」あるいは「これまでの経験を活かさず、環境を変えるか」。大きくこの2つです。

 

それぞれ具体的に解説しますね。

 

1. Webマーケティングの経験を活かし、今より条件の良い会社やポジションへ転職する

まずは経験を活かして環境を変える方法です。

 

このパターンの場合、Webマーケティングの経験を活かし、より良い条件の会社やポジションに転職することが選択肢です。

 

代表的なステップでいうと、同じ業界内、同じ職種での転職です。この場合、今までの経験を活かしつつ、悩みを解消できる可能性が高いです。

 

例:仕事が忙しすぎて辞めたい場合

例えば今の仕事が忙しすぎる場合、残業時間が少ないホワイト企業を中心に、転職活動をすることが選択肢になります。

 

Webマーケティングの世界は、残業が少ない知られざるホワイト企業も多くあります。例えば僕がいる会社も残業はほぼなく、かなりホワイトです。

 

このように、今より良い条件の環境に移ることが、Webマーケティングの仕事を活かしつつ、現状を良くするためのおすすめの方法です。

 

より良い条件の会社に転職する方法は2つ【おすすめは転職エージェント】

転職を検討する場合、大きく「転職サイト」と「転職エージェント」の2つを利用する方法があります。

 

このうち転職エージェントは専門のキャリアアドバイザーが専任でつき、あなたの悩みに合わせて、最もあなたに合った求人を紹介してくれます。

 

そのため、迷ったら「転職エージェント」を利用すると、良い転職が実現しやすく、何より「失敗しにくい」のでおすすめです。

 

使ってよかったおすすめ転職エージェント

一言で転職エージェントといっても、Webマーケティング経験に強い転職エージェントと、そうでない転職エージェントがあります。

 

なので、Webマーケティング経験を最大限に活かせる転職エージェントを3つ挙げておきますね。

 

  1. マイナビエージェント【経歴に自信のない20代も安心して利用可能】
  2. ワークポート【Web・ITに強い転職エージェント】
  3. リクルートエージェント【国内最大手!幅広く求人を知りたい場合はココ】

 

3社とも僕自身が使ってよかったエージェントです。

 

おすすめはマイナビエージェント(満足いく、後悔しない転職がしやすい)

特に「マイナビエージェント」は、Web業界の転職に強いエージェントでした。最も多い求人はIT・Webエンジニアですが、実は「Webマーケティング」の良質な求人が数多く存在します。

 

僕もマイナビエージェントを利用しましたが、丁寧なサポートと、良質なWeb業界の求人がありました。マイナビエージェントはそこまで経験に自信がなくても、しっかり向き合ってくれます。

 

そのため、満足いく転職、後悔しない転職がしやすいです。

 

ですから迷ったら、まずは「マイナビエージェント」を利用してみることがおすすめです。

 

まずは無料相談すると、あなたに合った求人を紹介してもらえる

なお、公式サイトから登録すれば、あなたの悩みを解消できる求人を紹介してます。無料登録し希望を伝えておけば、あなたにあった仕事が出た際に、優先的に知らせてくれます。一方、登録していないと優良求人が紹介されることはないです。

 

また、転職する意思が決まってなくても、無料登録して求人紹介やアドバイスを受けることができます。

 

業界の中にいた立場だから把握していますが、実際のところ、登録者の半数以上はまだ転職をぼんやり考えている方ですね。この段階から登録しつつ情報収集している人は、良い転職を実現している率もかなり高いです。

 

なので、まずは無料登録しつつ、情報収集してみる、情報が自然と入ってくる状態を作ることがおすすめです。

 

その点「マイナビエージェント」は3分でサクッと無料登録できるので、面倒くさがりな性格の方にこそ、個人的にはおすすめです。

>>マイナビエージェントに3分で無料登録しておく(公式サイトへ)

 

おすすめの転職エージェントはこちら👇

 

2. Webマーケティングの仕事を辞めて、全く異なる仕事へ転職する

一方、Webマーケティングの仕事自体を辞めて、別の仕事へ転職することも一つの方法です。

 

この場合、あなたにどの程度の選択肢が残されているかを正確に把握する必要があります。選択肢がわからない中で悩んでいても、時間を無駄にしてしまうからです。

 

残された選択肢は「年齢」によって大きく変わるため、年齢ごとの未経験転職について実態を簡潔に解説しますね。

 

20代であれば選択肢は無数にある

結論、あなたの年齢が20代など若ければ、基本的にはどんな仕事も目指せます。

 

それこそ営業もできますし、事務もできます。また、エンジニアなどの技術職を目指すことも20代ならできます。

 

なので、あなたが20代などまだ若ければ、この道もありですね。

 

30代以上だと選択肢は狭まる

一方年齢が30代以上になってくると、選択肢は狭まります。

 

未経験歓迎の仕事であれば、30代はまだ転職できるものの、これまでの経歴のバランスも含めての判断になります。そのため、難易度としては20代よりは転職は難しくなります。

 

とはいえ、30代から別の仕事に転職している方はたくさんいることも事実です。営業への転職、事務への転職。エンジニアへの転職など、30代はまだ実現できる年代です。

 

だからこそ、まずは行動して自身の可能性を知ることがファーストステップですね。

 

おすすめ転職エージェント(先ほどと同様)

Webマーケティングと異なる仕事へ転職する場合も、おすすめのエージェントは以下の3つです。

 

  1. マイナビエージェント【経歴に自信のない20代も安心して利用可能】
  2. ワークポート【Web・ITに強い転職エージェント】
  3. リクルートエージェント【国内最大手!幅広く求人を知りたい場合はココ】

 

特に異業種、異職種への転職の場合、リクルートエージェントはあらゆる業種、職種の求人を網羅しているのでおすすめです。

 

30代だけでなく40代も多く利用しているので、優先的に検討してみると良いと思います。

 

Webマーケティングを辞めたいなら無理せず辞めていい【まずは選択肢を知ろう】

Webマーケティングを辞めたいなら無理せず辞めていい【まずは選択肢を知ろう】

 

最後に、仕事を辞めたい時は無理する必要ないです。

 

今は転職も当たり前の時代です。むしろ、転職経験がない人を書類で落とす企業も増えているほど、転職は一般的になっているんですよね。

 

Webマーケティングの世界で環境を変える場合も、Webマーケティングの世界から離れる場合も、今まで学んできたことを活かせる場面は必ずありますし、評価してくれる会社や人も必ず存在します。

 

とはいえ、取れる選択肢、可能性を自分で把握していない限り、現状は一向に変わりません。

 

だからこそ、まずは前述した転職エージェントに登録し、どんな選択肢が残されているのか知ることが第一ステップです。

 

今日から行動すれば、最短1ヶ月後にも人生変わります。まずは行動を起こしつつ、動きながら考えていくことが吉かなと思います。

 

今回紹介した転職エージェント

  1. マイナビエージェント【経歴に自信のない20代も安心して利用可能】
  2. ワークポート【Web・ITに強い転職エージェント】
  3. リクルートエージェント【国内最大手!幅広く求人を知りたい場合はココ】

 

人気記事Webマーケティング転職で使ってよかったおすすめ転職サイト・転職エージェント5選

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です