Webマーケティングに向いている人と向いていない人の違い【向き不向きを現役Webマーケターが解説】

Webマーケティングに向いている人と向いていない人の違い【現役Webマーケターが解説】

こんにちは。Ruiです。

 

最近以下の質問をいただきました。

 

私は現在販売職として働いてますが、Webマーケティング業界に転職したいと思っています。でも、私はWebマーケティングの経験は全くないので、Webマーケティングに向いているのかどうかがわからず悩んでいます。そこで質問ですが、Webマーケティングに向き不向きはあるのでしょうか?

 

ご質問ありがとうございます。Webマーケティングの向き不向きについてですね。

 

早速結論からいうと、Webマーケティングに向いている人、向いてない人の特徴は確かに存在します。

 

ただ、向いてない人でも成果をあげている事例がたくさんあることもまた事実です。そのため、向き不向きを気にする必要はそこまでないんですよね。

 

やる前から向き不向きを考え、一歩を踏み出せないことが一番もったいなく、とりあえず1年くらいはトライし続けてみるべきです。

 

ということが結論ですが、より理解を深めるためにも、本記事ではWebマーケティングに向いている人、向いていない人の特徴の詳細や、Webマーケティングに興味のある初心者が今後どう行動していけば良いかをお伝えします。

 

僕の経歴

これを書いている僕はWebマーケティング会社でWebマーケターとして働いています。

 

また、Webマーケスキルを使って副業ブログもしており、月30万円以上の副業収入を安定的に得ています。

 

Web領域での本業と副業を通じてWeb業界に深く浸かっている立場から、Webマーケティングの向き不向きの実態をお伝えしますね。

 

Webマーケティング(Webマーケター)に向いている人の3つの特徴

Webマーケティングに向いている人の3つの特徴

 

  1. 論理的思考力がある人
  2. 学ぶことが好きな人
  3. 変化に対応できる人

 

僕が数百人を超えるWebマーケターをみてきた中で、Webマーケティングで実績を上げていた方の特徴は上記の3つでした。

 

それぞれ解説しますね。

 

1. 論理的思考力がある人

まずは論理的思考力。

 

Webマーケティングは正解がない世界ですが、論理的に考えて行動することで、成果に繋がりやすい場面がたくさんあります。

 

例:Webサイト経由のコンバージョン率を高めたい場合

例えば、あるサービスのコンバージョンを高めたい場合。ここでやってはいけないことは、闇雲に施策を打つことです。

 

闇雲に施策を打っても、「なぜその施策が効果が高いと言えるのか」が論理的に説明できる状態じゃないと、結局は精度の低い施策となってしまい、効果に繋がづらいです。

 

一方で、ペルソナ(ターゲット)を定め、彼らの願望や不満を明らかにし、彼らの願望や悩みを解決できるようなWebサイトを作り、その手段としてサービスを提案すると、コンバージョン率は上がります。

 

このように、論理的にコンバージョンまでの流れを作ることで、コンバージョン率をあげることができるんですよね。

 

これはあくまで一例ですが、感性がずば抜けている方以外は、上記のように論理立てて考え、行動していくことが、Webマーケティングの世界では重要だったりします。

 

僕は別に論理的思考力は高くなかったですが、日々の仕事を通じて、論理的思考力も養われていってると感じますね。Web業界で日々働いていると、自然と身についていくものかなと思います。

 

このように論理的に考え、行動できる方は、Webマーケティングの分野で特に成果を出していました。

 

2. 学ぶことが好きな人

Webマーケティングの分野は新しい技術が常に増え続けています。だからこそ、学ぶことが好きな人は、Webマーケティングには特に合っていますね。

 

例えば最近は、動画広告市場の伸びにより、Youtubeがプラットフォームとして注目されていますね。

 

こういった新しい知識を貪欲に学んでいける方は、僕の周囲でも、Webマーケティングで成果を上げています。

 

Web業界での学びは楽しい【Webの知識は未来に繋がるから】

本来、勉強って苦手な方が多いはず。でもWeb業界の場合、学習を楽しんいる方が多いんですよね。

 

ではなんで楽しんで勉強している方が多いかというと、「自分の未来に繋がる学びだから」なんですよね。

 

Webマーケティング=個人で稼ぐ力が身につく

特にWebマーケティング領域の場合、個人で稼ぐ力が身につきます。

 

ですから、Webマーケティングを学べば一つの会社に依存する必要はなくなりますし、転職も自由にできます。また、独立して人生を主体的に生きることも選べるようになります。

 

例えば僕の場合、Webの本業と副業をやっていますが、Webマーケティングを勉強すると、本業の成果も出ますし、副業の収入も伸びます

 

勉強すればするほど、自分の人生の選択肢が広がっていく感覚があるため、アドレナリンが出てくるんですよね。

 

「理想の未来につながっている感覚」とでも言うのでしょうか。この感覚が、Webマーケティング領域の勉強の場合は特に強いんじゃないかと感じます。

 

これは僕の周囲のWebマーケターを見ても同じで、みんな生き生きと日々学んでいますし、多分それは自分の未来につながっている感覚を、みんな感じているんだと思います。

 

このように、Web領域の勉強は楽しいですし役立ちます。なのでこういった分野を楽しく学べる方は、Web業界でも長期的に活躍できるかと思います。

 

3. 変化に対応できる人

Webマーケティングの世界は目まぐるしく変化します。

 

だからこそ、変化に対応できる人であることが、Webマーケティング業界で生きる上では必要です。

 

SEOやTwitter、InstagramやYoutubeなど、時代によって主流のプラットフォームは変化します。

 

例えば僕も当初はSEOを中心にやっていましたが、最近はTwitterやInstagramも実践するようにしています。これは、Webマーケティングのトレンドが、SEO→SNSへと変化してきているからです。

 

このように、環境変化に合わせて自分自身を適応できる方が、Webマーケティング業界で長期間に渡って活躍していると感じますね。

 

Webマーケティングに向いている人の特徴

1. 論理的思考力がある人

2. 学ぶことが好きな人

3. 変化に対応できる人

 

逆に、Webマーケティング(Webマーケター)に向いていない人の3つの特徴

逆に、Webマーケティングに向いていない人の3つの特徴

 

  1. 常に指示待ちの人
  2. 数字に対して抵抗感が強すぎる人
  3. PC作業が圧倒的に苦手な人

 

逆に、Webマーケティングに向いていない方の特徴は上記2つです。

 

1. 常に指示待ちの人

まずは常に指示待ちの人です。このタイプの場合は、Webマーケティングは苦労するかもしれません。

 

なぜなら、Webマーケティングの世界は正解がないため、わからなくても自分で考え行動しつつ、改善していくことが必要だからです。

 

僕は副業ブログを自分で作って書いていますが、正直正解なんて全くわかりませんでした。書いた記事を分析し、修正を続けていったことで、いまではブログだけで月30万円以上の収入が安定的に入るようになりました。

 

その経験からも、Webマーケティングの世界は指示待ちだと少し大変かなと思います。自分で考えて行動する癖がつかないため、どこかのタイミングで挫折してしまうかなと感じますね。

 

2. 数字に対して抵抗感が強すぎる人

Webマーケティングの世界はあらゆる施策の結果が「数字」で出ます。そのため、数字を見て、何が問題なのか、どうしていけばいいのかを考えていきます。

 

なので、「数字が本当に苦手。見ているだけで体調が悪くなる」というような場合は、慣れるまでが少し大変かもしれません。

 

とはいえ、数字が得意な方って世の中少ないので、「数字は得意ではないけど、抵抗感はそこまでない」くらいであれば、素養としては十分だと思います。

 

慣れてくれば数字の見方もわかってきますから、そこまで気にする必要はないかなと思います。

 

3. PC作業が圧倒的に苦手な人

Webマーケティングは基本的にPCに向かって仕事をし続けるため、「PC作業が本当に苦手」という方は、向いていないかもしれません。

 

ただこの場合も、普通にPCワークができる方であれば個人的には問題ないと思います。

 

「自分は身体を動かす仕事がしたいんだ!」という風に、よほど身体を動かす仕事が好きな方以外は、気にしなくて良いと思いますね。

 

以上が、Webマーケティングに向いていない特徴3つです。

 

Webマーケティングに向いていない人の特徴

1. 常に指示待ちの人

2. 数字に対して抵抗感が強すぎる人

3. PC作業が圧倒的に苦手な人

 

【真実】Webマーケティング(Webマーケター)の向き・不向きはやってみないとわからない【まずはトライするべき】

 

【真実】Webマーケティングの向き・不向きはやってみないとわからない【まずはトライしてみるべき】

 

冒頭でも書きましたが、Webマーケティングに向き不向きはあるつつも、実際はそこまで気にする必要なしです。

 

なぜなら、Webマーケティングに全く向いていないようなタイプの方でも、圧倒的に成功しているケースが多々あるからです。

 

例えば、数字に対して抵抗感がある方でも、感性的なセンスによってInstagramのフォロワーを増やす方もいますし、PC作業が苦手な方でも、マネジメントが得意でWebマーケティングチームを率いることもできます。

 

また、どんな方でもWebマーケティング業界に就職して働くことは普通にできますし、副業ブログで月30万円くらいなら、やれば誰でも稼げるようになります。

 

自分にもできるだろうくらいの気持ちが◎

だからこそ、「自分には向いていないだろうな」で諦めるのではなく、「自分にもできるだろう」くらいの感覚で、まずはトライしてみると良いんじゃないかなと思います。

 

僕は元々人材業界の営業職で、当初はWebマーケティングができる自信なんて一切ありませんでした。それでも、Webマーケティング業界に転職し、副業でも月30万円以上を安定的に稼ぐことができるようになりました。

 

Webマーケティングは稼げる?稼ぐ方法は?【個人で月30万円稼ぐマーケターが解説】

 

これは僕だけの話でなく、多くの未経験者がWebマーケティングの世界に入り、人生を変えています。

 

未経験からWebマーケティングスキルを身につけ、1年後に個人で月5万円稼ぐくらいなら、世の中数えきれないほど成功事例はありますよ。

 

このように、「Webマーケティングの向き不向きはそこまで気にする必要はない」というのが、Webマーケティング業界で働いてきた経験と、人材業界で多くの転職者と会ってきた経験から確信していることです。

 

まとめ

Webマーケティングに向いている人と向いていない人の違い【現役Webマーケターが解説】

 

最後の、Webマーケティングの向き・不向きを気にしていては、一向に人生は変わりません。だからこそ、まずはどんなことでも良いので、Webマーケティングの世界に関わってみると良いですよ。

 

例えば、今の仕事が嫌で、将来性も感じられないなら、Web業界に転職して経験を積んでみることも一つの方法です。

 

Web業界は将来性が高く、一度経験を積んでおけば転職先も広がります。ですから、まずはWeb業界に飛び込んでみることも良いですね。僕はこの道を選びました。

 

僕が実際にWeb業界へ転職した方法は「【経験者が語る】未経験からWebマーケティング転職する方法」で書いているので、よければ参考にどうぞm(_ _)m

 

詳細はこちら(Web転職)👇

【経験者が語る】未経験からWebマーケティング転職する方法

 

また、いきなりWeb転職が怖いなら、Webマーケティングを勉強して副業をやってみると良いです。例えばブログであれば、数千円のコストで立ち上げることができ、Webマーケティングの実践経験を積むことができます。

 

副業ブログで月100万円、200万円というのは難しいですが、僕のように月30万円くらいなら誰でも稼げるチャンスはあります。

 

月30万円と言わず「月5万円」稼げるだけでも人生変わりますよ。前述通り、Webマーケティングを学べば個人で月5万円稼ぐことは難しくないですから。

 

僕が副業で実際に収入を得た方法は「【未経験向け】Webマーケティングで副業するオススメ案件や方法」でご紹介しているので、こちらもよければどうぞ。

 

詳細はこちら(副業)👇

【未経験向け】Webマーケティングで副業するオススメ案件や方法【副業で月30万円以上稼ぐWebマーケターが解説】

 

ということで、自分の向き不向きを気にして時間を消費するくらいなら、転職活動でも副業でもOKなので、まずは「小さなトライ」を起こすことがオススメです。

 

人気記事Webマーケティング転職で使ってよかったおすすめ転職サイト・転職エージェント5選【現役Webマーケター厳選】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です