Webマーケティングスクールおすすめ6選▶︎

未経験から動画編集で副業を始める方法【始め方を徹底解説】

未経験から動画編集で副業を始める方法【始め方を徹底解説】

「未経験から動画編集の副業をしたいんだけど、何から始めればいいんだろう?」

「動画編集の副業必要なスキルやツールがわからない」

「副業案件ってどんなものがあって、どうやって受注するんだろう?」

 

こんなことを思っていませんか?

 

動画編集はいま人気のスキルです。それもそのはず、5Gの到来もあり、これからは動画の時代と言われています。事実、Youtubeの伸びは凄まじいですし、動画が中心になる未来は、今後間違いなく訪れるでしょう。

 

動画市場の成長に伴い、動画編集者の需要もさらに高まりますので、「動画編集の副業案件」も、今後はますます増えることが予想できます。

 

そこで本記事では、未経験から動画編集の副業に関して、以下項目をご紹介します。

 

本記事でご紹介すること

  • 動画編集の副業を始めるメリット
  • 動画編集で副業する必要スキルや、実際の案件事例
  • 動画編集の副業を始める方法や、案件を受注する方法

 

僕は現在Webマーケティング会社を経営しています。動画案件の発注者側の視点から、動画編集者に必要なスキルも理解しています。

 

そのような経験をもとに、動画編集の副業を始めるために必要なすべてをご紹介します。

 

動画編集の副業は未経験でもできる?

結論、できます。なぜなら、動画編集の副業を未経験から始め、収入を得ている人はたくさんいるからです。

 

【事実】未経験から動画編集で収入を得られるようになった人はたくさんいる

この事実を理解するには、実際に未経験から動画編集を始め、稼げるようになった人の「事例」を知ることが一番早いので、紹介しますね。

 

以下は動画編集を未経験からスタートし、実際に収入を得られるようになった方々です。

 

未経験から動画編集で収入を得た人の声

 

 

 

このように、動画編集を始めて数ヶ月以内で、初めての収入を得られるようになった人はたくさんいるんですよね。

 

このような事実からも、動画編集の副業は未経験でもできると言えます。

 

なぜ未経験でも稼げるのか?

一言で言えば、動画需要が伸びているからです。

 

需要の伸びがどれくらいかは「市場規模」をみるとわかりますので、ご紹介しますね。以下は「動画広告市場規模の推計」のデータです。

 

動画編集、副業、未経験

出典:サイバーエージェント、2019年国内動画広告の市場調査を実施

 

これを見ると、2019年の2,592億円から、5年後の2024年には6,856億円まで拡大することが予想されています。

 

このように、動画市場はとにかく伸びているんですよね。

 

動画市場が拡大すると、動画編集者の需要も拡大し、副業案件も増えてくる

また、動画市場が伸びれば、当然ながら動画編集者の需要も高まりますので、副業案件もたくさん出てくることとなります。

 

もちろん、動画編集者の数自体も増えるので、どんな人でも100%稼げるわけではありません。ですが、市場全体として追い風なのは間違いないです。

 

そういう事実から考えると、未経験から動画編集の副業で稼ぐチャンスは、今後も増えていくでしょう。

 

未経験から動画編集の副業を始めるメリット

大きく3つあります。

 

動画編集の副業を始めるメリット

  1. 初心者でも始めやすい
  2. 個人でも稼ぎやすい
  3. 時間や場所の自由も効きやすい

 

1. 初心者でも始めやすい

初心者でも始めやすいことは、動画編集の副業の大きなメリットです。

 

動画編集で必要なスキルは、難しいものではありません。むしろ、基本的な技術や編集ソフトの使い方は、数ヶ月程度でも理解できるものなんですよね。

 

一方で世の中には、スキル習得までに半年や1年以上かかるスキルも多くあります。それらと比べると、動画編集は初心者でも始めやすいので、この点はメリットですね。

 

2. 個人でも稼ぎやすい

個人で稼ぎやすいことも、動画編集の副業のメリットです。

 

前述通り、動画編集は初めて数ヶ月でも、月数万円の収入を、個人で得ている人は存在します。

 

もちろん、全員が全員、そのレベルにすぐなれるわけではありません。ですが、動画編集はスキルが体系化されているので、再現性高くスキルを習得し、収入を得ることが可能な分野です。

 

これが動画編集ではなく、同じく副業で人気の「ブログ運営」になると、ブログは再現性が低いので、どんな人でも同じように、個人で稼げるわけではありません。

 

このように、再現性高く、個人で収入を得られるのは、動画編集で副業する大きなメリットと思います。

 

3. 時間や場所の自由も効きやすい

動画編集の副業は、時間や場所の自由も効きやすいです。

 

例えば人気の「Youtubeの動画編集」であれば、副業のためにオフィスに通う必要もなく、自宅や好きな場所を仕事場にし、オンラインで副業することができます。

 

オンラインで在宅副業なら、移動時間もかかりませんので、平日夜や休日など、ちょっとした空き時間で副業もできますよね。

 

このように、融通が効きやすいことも、動画編集の副業のメリットです。

 

動画編集の副業の案件事例

動画編集の副業もいろんな案件があります。例えば代表的な案件は、以下の案件が存在します。

 

動画編集の副業案件事例

  • Youtube動画の編集
  • 企業のプロモーション動画の編集
  • サービス・商品の広告動画の編集
  • 結婚式ムービーの編集

 

Youtube動画編集だけでなく、企業のプロモーション動画や広告動画の編集、さらには結婚式のムービーの編集まで、動画編集の副業でできる仕事は幅広いです。

 

動画編集の副業の案件単価・収入相場

動画編集の副業の案件単価・収入相場は次の通りです。

 

動画編集の副業の案件相場

  • 1案件約5,000円が相場
  • 5分以内の短い動画だと3,000円程度、10分以上の長い動画だと10,000円以上もある

 

ざっくりですが上記が相場ですね。

 

上記に加えて、仕事内容によって単価は上下します。例えばYoutube動画編集を行う場合、サムネイルも一緒に作成すると+1,500円〜2,500円などですね。

 

こういった案件を月に数件やるだけでも、月数万円の副業収入になります。

 

もちろん、最初は慣れていないため、1案件をこなすのに丸一日かかることもあると思います。ですが慣れてくれば1日数件をこなすこともできますので、そうすれば収入は月10万円など、増やしていくことができますよ。

 

動画編集の副業で必要なスキル

動画編集の副業を行うにあたり、必要なスキルは次の通りです。

 

動画編集の副業で必要なスキル

  • 動画編集の基本的なスキル
  • 動画編集ソフトを使うスキル

 

それぞれ解説しますね。

 

動画編集の基本的なスキル

まずは動画編集の基本的なスキルは身につけておく必要があります。基本的なスキルとは次のようなものです。

 

動画編集の基本的なスキル

  • テロップ作成
  • カット編集
  • アニメーション作成
  • BGM挿入
  • 効果音挿入など

 

こういった基本スキルは難しいものではなく、正しい方法で学んでいけば、数ヶ月以内で身につけることができます。

 

動画編集ソフトを使うスキル

動画編集をする際は「動画編集ソフト」を使います。ですので、動画編集ソフトを扱うスキルも必要です。

 

よく使う動画編集ソフトは次の通りです。

 

よく使う動画編集ソフト

  • Adobe Premier Pro
  • After Effect
  • Final Cut Pro

 

これらの動画編集ソフトが代表的です。

 

どのソフトも難しいものではなく、基本的な操作は短期集中でも理解できます。

 

特に簡単な案件を受注するレベルなら、数ヶ月以内でも十分達成可能ですよ。

 

未経験から始める!動画編集の副業の始め方

ここからは、未経験から動画編集の副業を始める方法をご紹介します。

 

動画編集の副業を始めるステップは大きく3つです。

 

動画編集の副業を始める3ステップ

  1. 動画編集スキルを習得する
  2. 制作実績を自分で作る
  3. 副業案件を受注する

 

それぞれのステップでやるべきことを解説しますね。

 

1. 動画編集スキルを習得する

まず最初にやるべきことは「動画編集スキル」を身につけることです。

 

「動画編集スキル」とは、前述した動画編集の基本的なスキルや、動画編集ソフトの使い方を覚えるが当たります。

 

では動画編集スキルを身につける方法は何かというと、大きく2つの方法があります。

 

動画編集スキルを身につける方法

  1. 独学で学ぶ
  2. スクールで学ぶ

 

この2つが、動画編集スキルを習得する方法です。

 

未経験から副業ならスクールがおすすめ

どっちが良いかというと、未経験から動画編集スキルを学ぶなら「スクール」がおすすめです。なぜならスクールの方が、副業で必要な実践的なスキルを、早く、精度高く習得できるからです。

 

もちろん、独学で学べないことはないです。ですが独学だと、時間がかかる上に、挫折しやすいことも事実なんですよね。

 

一方、スクールなら、プロの動画クリエイターから、実践で必要なスキルを効率的に学ぶことができます。

 

特に副業目的の場合、実際に仕事を受注できないと意味がありません。その点でスクールであれば、仕事を受注するためにコツなども、プロのクリエイターから聞けるメリットがあります。

 

ですから、近い将来に副業収入を得られるようになりたいなら、「スクール」を利用することが確実です。

 

副業スキルが学べる動画編集スクール

  1. TechAcademy動画編集コース:オンラインで実践的な動画編集スキルを身に付けたい方向け
  2. デジタルハリウッド STUDIO by LIG:プロのスキルを習得したい本格派向け
  3. Udemy:動画講座を安価に購入し、自分で学んでいきたい方向け

 

迷ったらこの3つがベストです。

 

特にTechAcademy動画編集コースは、オンラインスクール最大手で、プロの動画クリエイターからマンツーマン指導を受けることができます。

 

動画編集の基本的スキルはもちろん、Adobe Premiere Proを中心とした編集ソフトの使い方も学べます。また、カリキュラムの中ではオリジナル動画制作まで行うので、卒業段階では「あなただけの制作実績」を作ることも可能です。

 

動画編集の副業スキルを習得するなら、間違いない環境です。もちろん他のスクールも良い環境なので、良さそうなスクールを探してみて、まずは無料体験なり、無料相談してみると良いと思いますよ!

 

2. 制作実績を自分で作る

動画編集スクールでスキルを身につけたら、次は簡単で良いので、制作実績を作ってみましょう。

 

「いや、制作実績なんて作れないよ」と不安に思った場合もご安心を。動画編集スクールで実践スキルを学べば、簡単な編集はできるようになるからです。

 

特に前述したTechAcademy動画編集コースなどの動画編集スクールを利用すれば、カリキュラムの中で簡単な制作実績作りまで行います。

 

自分一人でできるか不安な方は、プロの動画クリエイターの支援を受けられるスクールでやり方を教わりつつ、最終的に一人でできるようになることが良いですね。

 

3. 副業案件を受注する

簡単な制作実績ができたら、実績をもとに、副業案件を受注するために動きましょう。

 

副業案件を受注する方法は大きく4つあります。

 

動画編集の副業案件を受注する4つの方法

  1. 知人から紹介してもらう
  2. SNSやYoutube、ブログ経由で受注する
  3. クラウドソーシングを利用する
  4. 副業エージェントを利用する

 

1. 知人から紹介してもらう

「知人から紹介してもらうこと」は、動画編集の副業案件を獲得する一つの方法です。

 

例えば知人で動画制作会社で勤務していたり、動画案件を扱っているWebマーケティング会社があれば、案件発注のニーズがあります。

 

または、知人でYoutubeチャンネルを運営している方がいれば、案件ニーズがあるかもしれません。

 

このように、知人の中で動画領域に携わっている人がいれば、そこから紹介を受けるのは、おすすめの方法です。

 

2. SNSやYoutube、ブログ経由で受注する

「SNSやYoutube、ブログを自身で運営し、それら経由で案件受注することも、副業案件獲得の方法です。

 

メリットは、SNSやYoutube、ブログが一度育てば、それらが勝手に営業してくれることです。つまり、あなたが何も動かなくても、24時間365日代わりに働き、見込み客を連れてきてくれます。

 

一方でデメリットは、SNSやYoutube、ブログが育つには時間がかかることです。加えて、運用自体がうまくいかなければ、案件受注をいつまで経ってもできない可能性もあります。

 

とはいえ、SNSやYoutube、ブログは、始めるにあたって初期投資はほぼかかりません。ですから、運営自体は進めておくことがおすすめです。

 

また、本業の会社にバレたくない場合でも、SNSやブログは匿名で運営できます。そういう意味で、運営を始めるリスクはありません。

 

3. クラウドソーシングを利用する

「クラウドソーシングを使うこと」も、動画編集の副業案件を受注する方法です。現時点ではこの方法が最もメジャーですね。

 

クラウドソーシングとは?

「仕事を探している人」と「仕事を発注したい人」をつなげるプラットフォームです。

 

クラウドソーシングのメリットは、実務経験がない人でもOKな案件がたくさんあることです。

 

例えば、前述したスクールで実践的なスキルを身につければ、未経験であっても、クラウドソーシング案件を受注すること可能です。事実、そういう副業ワーカーはたくさん存在しています。

 

一方でクラウドソーシングのデメリットは「単価が安いこと」です。ですから、あくまで「経験を積む場」として使うことがおすすめです。

 

ある程度クラウドソーシングで実績ができたら、その後は直接発注してくれる人を、リアルの場や、SNS/ブログ等で見つけていけるとベストな流れです。

 

動画編集案件のあるクラウドソーシングサイト

動画編集の副業案件が見つかるクラウドソーシングサイトを紹介しておくと、次の通りです。

 

 

初めてであれば上記の通り、ラウドワークスがおすすめです。

 

クラウドワークスは無料で登録・利用できます。登録しつつ、案件を眺めてみることからスタートしてみましょう。

 

4. 副業エージェントを利用する

「副業エージェントで動画編集の副業案件を紹介してもらうこと」も一つの方法です。

 

ただ実際のところ、今はまだメジャーではないやり方です。というのも、動画編集の副業案件を扱うエージェントがまだ少ないからです。

 

とはいえ、企業側の動画ニーズは日々高まっていますので、副業エージェントでの動画案件が増えることも時間の問題と思います。

 

参考までに、今後動画編集の副業が増えそうなエージェントをまとめておきましたので、先に登録しつつ、情報収集してみることがおすすめです。

 

動画編集の副業エージェント

  • クラウドテック:クラウドワークスの上位版。動画編集の副業案件あり
  • Workship:副業に強いエージェント。動画編集案件は少ないが、今後増える可能性あり。
  • レバテックフリーランス:フリーランス専門のエージェント。副業案件も今後増える可能性あり

 

動画編集の副業Q&A

ここでは、動画編集の初心者によく聞かれる質問をQ&A形式でまとめました。

 

動画編集の副業は在宅でもできるの?

結論、できます。

 

例えば「Youtube動画編集」は、在宅で副業案件を受注している人がたくさんいます。自宅にいながら月5万円などは、現実的に目指せる水準ですよ。

 

月5万円を在宅で得られるようになるだけでも、人生の選択肢は広がりますよ。

 

動画編集の副業で必要なパソコン・ソフトは?

結論、次の通りです。

 

動画編集に必要なパソコン

  • CPU:Core i7
  • メモリ:16GB
  • SSD:256GB以上

 

まずパソコンは上記スペックとなります。

 

あなたがすでに動画編集に使えるスペックのパソコンを持っているなら、わざわざ揃える必要はありません。

 

ですが持っていない場合は、パソコンの購入費用が初期投資でかかってきます。動画編集のパソコン費用は、10〜20万円が相場です。

 

動画編集に必要なソフト

一方で編集ソフトは前述しましたが、以下のソフトが代表的です。

 

  • Adobe Premier Pro
  • After effect
  • Final Cut Pro

 

ご自身で契約することも良いですが、前述した動画編集スクール「TechAcademy動画編集コース」の場合、Adobe Premiere Proだけでなく、PhotoshopやIllustratorなどがセットになったAdobe Creative Cloudを3ヶ月間「無料」で利用することが可能です。

 

初心者であれば、こういう形で利用させてもらうのが一番良いと思います。

 

動画編集の副業まとめ

述べてきた通り、動画編集の副業は、初心者でも始めやすい上に、個人で稼ぎやすい分野です。未経験から正しい方法で学習すれば、数ヶ月以内でスキル習得だけでなく、月数万円の収入を得ることもできますよ。

 

世の中にはいろんな副業がありますが、ここまで短期間で技術を習得でき、収入を得られるスキルはなかなかありません。

 

それも、動画市場が圧倒的に成長しているからこそです。5Gの到来などもあり、これからは本格的な動画の時代と言えます。

 

「副業」であれば、始めるリスクなんてほとんどありません。だからこそ、まずはスキルを短期集中で身につけておき、いざとなったら自分で稼げる状態を作っておくことをおすすめします。

 

特に、もし自分自身にスキルがないと感じるなら、何か一つでも「食いっぱぐれない手に職」を今こそ身につけましょう。その一歩目として「動画編集の副業」は良い選択だと思いますよ。

 

今回ご紹介した副業に強い動画編集スクール(公式サイトへ飛べます)

  1. TechAcademy動画編集コース:オンラインで実践的な動画編集スキルを身に付けたい方向け
  2. デジタルハリウッド STUDIO by LIG:プロのスキルを習得したい本格派向け
  3. Udemy:動画講座を安価に購入し、自分で学んでいきたい方向け

 

人気記事動画編集・映像制作のおすすめスクール5社比較!目的別に厳選

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です