Webマーケティングスクールおすすめ6選▶︎

Webマーケティング業界は年収低い?→半分事実です【年収を上げる2つの方法も解説】

Webマーケティング業界は年収低い?→半分事実です【年収を上げる2つの方法も解説】

「Webマーケティング業界って、実際のところ年収低いの?」

「Webマーケティング業界に憧れるけど、年収事情ってどうなんだろう?」

 

と、思っていませんか?

 

Webマーケティングは需要の高い手に職であり、大きな金額を得ている人も多い印象ですが、「全体で見ると年収が低いマーケターも多いのでは?」「Webマーケターになっても年収が上がらないのでは?」と、不安を感じている方は多いです。

 

そこでこの記事では、現役Webマーケターであり、現在Webマーケティングで法人化をしている僕が、「Webマーケティング業界の年収は果たして低いのか」を徹底解説します。

 

結論からお伝えすると、Webマーケティング業界の年収が低いのは半分事実で、半分誤りです。理由を記事で解説します。

 

この記事を読めば、Webマーケティング業界の年収は低いのか、どうしていけば年収を上げることができるのかがわかりますよ!

 

「Webマーケティング業界は年収が低い」が半分事実、半分誤りである理由

「Webマーケティング業界は年収が低い」が半分事実、半分誤りである理由

 

なぜなら、Webマーケティング業界は雇用形態や所属企業によって、年収に大きな差があるからです。

 

つまり、ある環境にいる人は年収が低い一方、別の環境にいる方はとんでもない年収を得ているのが、Webマーケティング業界の全体像なんですよね。

 

ではどのような人が年収が低く、逆に年収が高いかというと、結論次の通りです。

 

Webマーケティング業界の年収のリアル

  1. Webマーケティング業界の正社員は、全体的に年収が低い
  2. Webマーケティング業界の正社員でも、大手企業は年収が高い
  3. Webマーケティング業界のフリーランス・副業人材は、優秀な人ほど圧倒的に年収が高い

 

1. Webマーケティング業界の正社員のは、全体的に年収が低い

Webマーケティング業界の中でも「正社員」は、全体的に年収が低いことは事実です。

 

Webマーケティングの平均年収は年収421万円

例えば日本最大級の転職サイトdodaが調査した「平均年収ランキング」によると、Webマーケティング業界の平均年収は「年収421万円」となっています。

 

同じくdodaが調査した全業種の平均年収は「年収409万円」となっています。

 

  • Webマーケティング業界の平均年収:年収421万円
  • 全業種の平均年収:年収409万円

 

全体平均よりは高いものの、思うより高くない、というところでしょうか。

 

Webマーケティング業界は大きな利益が出ている企業が多いが、正社員の年収は低い

ここで一点、Webマーケティング業界のリアルを。

 

Webマーケティング業界の正社員は、年収がそこまで高くないですが、これはWebマーケティング企業が利益が出ていないのではなく、大きな利益が出ているにも関わらず、正社員の年収は低いのです。

 

なぜなら、Webマーケティング業界というのはトレンドの波が強い業界であり、いま利益が出ていても、1年後にどうなるかわからない業界だからです。

 

企業としては、今は大きな利益が出ているものの、来年はどうなるかわかりません。ですから、一度採用すると簡単に解雇できない正社員に対して、利益に応じた高給を払うことをためらう企業が大半です。

 

そのため、多くのWebマーケティング企業では、正社員の給料は、実際の貢献度よりもかなり低く設定されていることが多いです。

 

例えばWebマーケティング業界の最大手メガベンチャーのサイバーエージェントでさえ、2020年度の平均年収は734万円となっています。

 

このように、Webマーケティング業界は利益が出ているにも関わらず、見通しがつきづらい業界である構造上の問題により、Webマーケティング業界の正社員は高年収を得ることができず、低い年収で仕事をせざるを得ないのです。

 

これがWebマーケティング業界の年収が低い一つ目の理由です。

 

2. Webマーケティング業界の正社員でも、大手企業は年収が高い

一方、Webマーケティング業界の正社員でも、大手企業は年収が高い傾向があります。

 

例えばWeb業界最大手のリクルートは、Webマーケターの正社員でも年収1,000万円以上になることができます。活躍している人だともっと高年収も実現しているので、こういう会社もあるにはあります。

 

Webマーケティング大手企業の年収が高い理由

大手企業の場合、トレンドの波の強い事業だけでなく、様々な事業ポートフォリオを組むことで、正社員への給料の原資を多く確保できていることがあるからです。

 

例えばリクルートで言えば、Suumoなど需要が底堅い事業も扱っていますからね。

 

このように、Webマーケティング業界の正社員が一律年収が低いかというとそうではなく、環境によります。

 

3. Webマーケティング業界のフリーランス・副業人材は、優秀な人ほど圧倒的に年収が高い

正社員は述べてきた通りですが、Webマーケティング業界のフリーランス・副業人材は話がまた変わります。

 

フリーランスや副業の場合、優秀な人ほど、正社員では実現できないような高い年収を得ているのが、Webマーケティングのリアルです。

 

例えばWebマーケティングのフリーランス・副業の世界は、年収1,000万円どころか、年収2,000万円、年収3,000万円、年収5,000万円、年収1億円を得ている人も実際にいます。

 

ちなみに僕自身も、Webマーケティング業界で働きながら、Webマーケティングの副業をしてきました。僕は全く優秀ではなく運が良かっただけですが、副業だけで月30万円→月100万円→月200万円→月300万円と収入を上げていくことができました。

 

関連記事Webマーケティングは稼げる?稼ぐ方法は?【個人で月30万円稼ぐマーケターが解説】

 

僕より優秀な方はいくらでもいますので、そういう方はもっと楽に、もっと大きな金額を得ているのが、Webマーケティング業界のフリーランス/副業のリアルなんですよね。

 

Webマーケティング業界のフリーランス・副業が高い年収を実現できる理由

なぜなら、フリーランスや副業の場合、正社員のように「雇用」されるのではなく、「契約」で働くからです。

 

前述通り、多くのWebマーケティング企業は利益が出ているにも関わらず年収をあげられないのは、Webはトレンドの波が強く、来年の見通しがわからないまま、解雇できない正社員に高給を支払うのはリスクが大きいからです。

 

一方でフリーランスや副業の場合、仮に高い金額で仕事をお願いしたとしても、それは雇用ではなく契約となります。契約の場合、いざ事業がうまくいかなくなったときでも契約を切れば良いだけの話です。つまりリスクがないんですよね。

 

もちろん、フリーランス・副業の方は、いつ契約が切られるかわからないという不安はあります。ですがその分、正社員では得られないような高単価で仕事を受けることができます。

 

「3年間は年収3,000万円〜5,000万円を一気に稼いで、あとは資産運用でゆっくり暮らそう」という働き方ができるのも、Webマーケティング業界のフリーランス・副業ならできることです。

 

このように、Webマーケティング業界のフリーランス・副業は、契約がいつ切られるかという不安はあるものの、その分大きなリターンを得ることができます。

 

Webマーケティング業界で年収を上げる2つの方法

Webマーケティング業界で年収を上げる2つの方法

 

結論、次の通りです。

 

Webマーケティング業界で年収を上げる2つの方法

  1. 副業する
  2. フリーランスになる

 

1. 副業する

社会人の誰でも今すぐ始めやすいのは「副業」です。

 

副業の場合、今の仕事をやめることなく、Webマーケティングの仕事にチャレンジすることができます。

 

前述通り、Webマーケティングの副業は収入の上限がありませんので、頑張り次第でいくらでも収入を上げることができます。

 

Webマーケティングの副業を始める方法は?

これについては解説すると長くなるので、「【未経験向け】Webマーケティング副業のオススメ案件や方法【月30万円以上稼ぐWebマーケターが解説】」をチェックしてみてください。

 

この記事では、未経験からWebマーケティング副業を始めるにあたり、どのような案件があり、どの程度の収入を得られるかを解説しています。

 

未経験からWebマーケティングで副業するオススメ案件や具体的な方法【副業で月30万円以上稼ぐWebマーケターが解説】 【未経験向け】Webマーケティング副業のオススメ案件や方法【月30万円以上稼ぐWebマーケターが解説】

 

2. フリーランスになる

もう一つはフリーランスとして独立することです。

 

社会人の副業と違い、Webマーケティングで個人で収入を得ていくことに絞るのでリスクはあるものの、副業より時間を多くかけられることから、高年収をもっとも実現しやすい方法です。

 

Webマーケティングのフリーランスになる方法は?

これについても解説すると長くなるので、「Webマーケティングで独立してフリーランスになる手順【現役Webマーケターが解説】」をチェックしてみてください。

 

この記事では、未経験からWebマーケティングのフリーランスを目指すにあたり、どのように手順を踏んでいけばいいかを解説しています。

 

まとめ

Webマーケティング業界は年収低い?→半分事実です【年収を上げる2つの方法も解説】

 

「Webマーケティング業界は年収が低い?」に答えてきましたが、記事の内容をまとめると次の通りです。

 

  1. Webマーケティング業界の年収は低いは半分事実、半分誤り
  2. Webマーケティング業界の正社員は、全体的に年収が低い
  3. Webマーケティング業界の正社員でも、大手企業は年収が高い
  4. Webマーケティング業界のフリーランス・副業人材は、優秀な人ほど圧倒的に年収が高い
  5. Webマーケティング業界で年収を上げるなら「副業」または「フリーランス」になること

 

Webマーケティング業界は需要も将来性も高く、これからさらに高年収も期待できる仕事です。

 

特にフリーランスや副業であれば、利益率が高く、頑張った分だけ収入を上げることも可能です。

 

将来的に年収1,000万円〜年収5,000万円など高い年収を得たい方は、Webマーケティングの世界に一歩踏み出してみてはいかがでしょうか?

 

Webマーケティングを独学する方法は「Webマーケティングの独学・勉強方法を現役マーケターが解説【習得・実践の完全マップ】」で紹介しています。まずは独学で学んでみたい方は、こちらを続けてチェックしてみてください。

 

一方、最近はWebマーケティングスクールを使うことで、より短期間で、未経験からWebマーケターを目指せるようになりました。

 

スクールに興味がある方は、未経験からWebマーケターを輩出しているおすすめスクールを「現役マーケターがおすすめするWebマーケティングスクール5選比較【オンライン講座や転職保証など】」でまとめているいるので参考にしてみてください。

 

人気記事現役マーケターがおすすめするWebマーケティングスクール5選比較【オンライン講座や転職保証など】

 

おすすめのWebマーケティングスクール厳選4つ【転職支援付、オンラインなど】 現役マーケターがおすすめするWebマーケティングスクール6選比較【オンライン講座や転職保証など】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です