【最短】副業でWordPress制作案件を受注し、収入を得る方法【スキルや相場も解説】

【最短】副業でWordPress制作案件を受注し、収入を得る方法【スキルや相場も解説】

WordPress(ワードプレス)で副業を始めたい。WordPressの副業にはどんな案件があり、どのくらい稼げるんだろう?副業で案件を受注する方法まで知りたい。

 

本記事では上記の疑問に答えていきます。

 

これを書いている僕は、現在Web企業で働きつつ、WordPress制作案件やブログ副業をしています。

 

WordPress制作・構築案件で実際に副業している立場から言うと、プログラミングスキルの中でも、WordPressは圧倒的に副業しやすいです。

 

だからこそ、これから副業で稼ぎたい未経験の方に、WordPress制作の副業をおすすめしています。

 

本記事を通じてわかること

  • WordPress制作/構築の副業案件や収入相場
  • WordPress副業に必要なスキル
  • WordPress副業で案件受注するまでのステップ
  • WordPressを身につけたその先のキャリア

 

本記事を読めば、WordPress副業を始めるにあたり、必要なことは全てコレ一つで学べます。

 

5分ほどで読める文量です。WordPress副業で副収入を得てみたい場合は、最後までご覧ください。

 

当記事の内容に沿って行動すれば、誰でもその未来を実現することができますよ。

 

WordPress(ワードプレス)制作の副業案件とは?

WordPress制作の副業案件とは?

 

まずWordPressの副業案件にどのようなものがあるか、解説します。

 

WordPress副業は大きく3つある

  1. Webサイトやブログの制作
  2. WordPressテーマのカスタマイズ
  3. WebサイトやブログへのWordPress導入

 

大きくこの3つです。

 

Webサイトやブログの制作

WordPressを使ってWebサイトやブログを構築する仕事です。

 

世の中の大半のWebサイトやブログはWordPressで作られています。例えばいまあなたが見ているこのサイト「転職フリー」も、WordPressでできています。

 

いま多くの企業や個人がWordPressを開設し、自身のビジネスに活かそうと考えています。さらに言えば、これからは更にオンライン経済が主流になると予想されているため、WordPress制作案件は将来性も高いです。

 

そのため、WordPressを使った制作/構築案件には、底堅い需要があるだけでなく、将来性もあります。

 

WordPressテーマのカスタマイズ

WordPressには「テーマ」と呼ばれるものが存在します。

 

このテーマを利用すると、ある程度デザインや機能が整ったサイトを作れるのですが、人によっては既存テーマから自分好みに「カスタマイズ」をしたいニーズがあります。

 

例えば、問い合わせフォームや会員登録機能を追加したり、デザインを変えるなどの仕事があります。

 

このような、既存のWordPressのテーマをカスタマイズする仕事も、WordPressの副業案件では存在します。

 

WebサイトやブログへのWordPress導入

現在はWordPressでWebサイトやブログを始める方が多いですが、WordPress以外でサイトやブログを過去に始めており、WordPressへ移行したいニーズを持つ方も多くいます。

 

例えば、現在は「はてなブログ」というブログサイトを利用しているが、WordPressに移したいようなニーズです。

 

このようなニーズに対して、WordPress導入を代わりにしてあげることも、WordPressの副業案件としてニーズがあります。

 

このように、WordPressを起点にできる副業は多いです。

 

WordPress(ワードプレス)を副業にするとどのくらい稼げる?【月収相場】

WordPressを副業にするとどのくらい稼げる?【月収相場】

 

では実際にWordPress副業をやる場合、どのくらい稼げるのでしょうか。

 

相場は概ね以下の通りです。

 

WordPress制作の案件相場

企業からの依頼 個人からの依頼
1. Webサイトやブログの制作 10万円〜 3万円〜
2. WordPressテーマのカスタマイズ 5万円〜 1万円〜
3. WebサイトやブログのWordPress導入 5万円〜 3万円〜

 

目安は上記の通りです。

 

報酬相場は案件によって変動あり

ここで一点注意は、報酬相場は案件によって変動も大きいことです。

 

例えば、WordPressの制作案件は個人からの依頼は3万円以上のものが多いですが、案件によっては1〜2万円だったり、または5万円のものもあります。

 

これは、依頼主の状況によって報酬が変わるからです。

 

例えば、「とにかくスピード重視でいち早くWordPressサイトを構築したい」というニーズがあれば、相場より多少多くお金を払っても、仕事を任せるケースは存在します。

 

一方、「とにかく安く済ませたい。時期は急いでいない」というニーズであれば、通常相場より低い価格でないと発注しないケースも存在します。

 

ですから、副業案件はケースバイケースで相場が変わるということです。

 

僕が受けている案件も、同じような案件で、金額の違いがあるものも多く存在ます。

 

とはいえ、概ねの相場は前述の通りなので、目安にしてみてください。

 

WordPress(ワードプレス)案件を副業で受注するために必要なスキル

WordPress案件を副業で受注するために必要なスキル

 

  1. HTML/CSS
  2. JavaScript
  3. PHP

 

結論上記の通りです。

 

まずHTML/CSSについては、WordPress導入の仕事のほとんどが、デザインからHTML/CSSでコーディングを行うものが大半です。そのため、HTML/CSSのスキルは必要です。

 

上記のHTML/CSSは静的なサイトを作る際に利用しますが、サイトに動的な動きを持たせるためにはJavaScriptのスキルが必要です。

 

また、WordPress自体がPHPde作られているため、PHPの基礎スキルも必要となります。

 

最低限必要なスキルが上記ですね。

 

どのスキルも初心者向け

朗報としては、上記で挙げたどのスキルも、プログラミングの中では最も初心者向けであることです。

 

例えば、プログラミングスクールでWordPress専門コースを利用すれば、最短4週間でも上記のスキルは身につきます。

 

僕もプログラミングスクールでプログラミングスキルを習得しましたが、プログラミングスクールであれば、実践に必要なスキルを必要なポイントのみに絞って、現役エンジニアから学ぶことができます。

 

そのため、学習に一切無駄なく、最短でスキル習得できるんですよね。

 

WordPressスキルが最短4週間で身につくスクール

ちなみに、前述したHTML/CSS、JavaScript、PHPをまとめて最短4週間で学べるおすすめスクールは「TechAcademy WordPressコース」です。

 

TechAcademyはオンライン型プログラミングスクールの中で最大手のスクールで、多くの初心者が受講しています。

 

僕も実際に受講しましたが、他のスクールよりも安価に、かつ最短でプログラミングスキルが身につく環境でした。

 

僕がTechAcademyを受講した際に使っていたカリキュラムの一部です

 

WordPressをこれから学びたい場合は、TechAcademyで学ぶと良いですよ。公式サイトにはスマホやPCから観れる無料説明会動画もあるので、興味あればチェックしてみましょう。

>>TechAcademy公式サイトを見てみる

 

その他おすすめのスクールはこちらでもまとめています👇

【受講者が厳選】WordPress(ワードプレス)が学べるおすすめプログラミングスクール・講座3つ【オンラインあり】

 

副業でWordPress制作案件を受注するステップ【未経験OK】

副業でWordPress制作案件を受注するステップ【未経験OK】

 

  1. WordPressを学ぶ
  2. 実際に仕事を請けてみる

 

結論、ステップは上記の通りです。

 

ステップ1. WordPressを学ぶ

未経験の場合、まずはWordPressに関連スキルを学ぶことからスタートです。

 

前述通り、最短で習得するならプログラミングスクールがおすすめです。

 

前述した「TechAcademy WordPressコース」であれば、最短4週間で、前述したHTML/CSS、JavaScript、PHPをまとめて習得できます。

 

WordPressは独学でもできなくはないですが、以下記事でも書いている通り、時間も労力も相応にかかりますし、最初はプロに教わりながら、正しいプログラミングの知識を学んでおいたほうが後々楽です。

 

【体験談】プログラミング独学し、副業レベルになることは可能?【残念ながら厳しい】

 

そういう意味でも、これからWordPress副業をやりたい場合は、プログラミングスクール利用が吉かなと思います。

 

その中でも、最短でスキル習得ができる「TechAcademy WordPressコース」を検討することが個人的にはおすすめです。

>>TechAcademy公式サイトを見てみる

 

ステップ2. 実際に仕事を請けてみる

プログラミングを学んだら、次は実際に仕事を請けてみましょう。

 

えっ、もうこの段階で仕事できるの??

 

と思うかもしれませんが、結論問題ないです。

 

なぜなら、WordPress案件は個人でもできるものが多いからです。

 

もちろん、最初は不安だと思いますが、実際にやってみれば意外となんとかなりますよ。

 

今はイメージがつかないと思いますが、プログラミングスクールで学習すれば、簡単なWordPressサイトは作れるようになります。

 

前述した「TechAcademy WordPressコース」であれば、カリキュラムの中でWordPressサイトを作る工程もあるため、一連の流れも理解できます。

 

なので、最初は調べながらでもまずは案件を一つやってみる。そうすることで、2回目、3回目からグッと楽になります。

 

もちろん、最初は不安だと思いますが、わからなくても調べながらやれば何とかなります。万が一仮になんとかならなくても、それはその時です。別に死にはしません(笑)

 

初心者の案件探しはクラウドワークスからスタートすると良い

実務未経験の方であれば、最初の案件探しはクラウドワークスを利用すると良いです。

 

クラウドワークスは「仕事を依頼したい人」と「仕事を探している人」をマッチングする、国内でも最大級の案件プラットフォームです。

 

経験の浅い個人でもできる仕事がかず多く掲載されています。単価は低めですが、最初の経験を積むにはぴったりです。

 

より高単価を目指すなら、スクール卒業後にエンジニア就職/転職を挟むと良い

一方で、より高単価のエンジニアを目指したい場合は、プログラミングスクール卒業は、一度エンジニアとして就職・転職し、実務経験を積むと良いです。

 

エンジニアの場合、実務経験が0年の場合と、1〜2年でもある場合だと、単価相場が大きく変わります。

 

  • 実務経験0年:月10〜40万円
  • 実務経験1〜2年:月60万円以上

 

ざっくりこんなイメージですね。

 

理由としては、フリーランス向けの高単価案件の多くが、実務経験1年以上としているところが多いからです。

 

ですから、こういった高単価案件をしたい場合は、一度エンジニア転職すると良いです。エンジニアとして実務経験を積みながらでも、副業はできますからね。

 

この点においても、前述した「TechAcademy WordPressコース」であれば、希望すれば、スクール卒業後に無料で就職/転職支援を受けることができます。

 

そのような可能性も残しながらWordPressを学べるため、迷ったら、今回ご紹介したステップに沿って行動すれば間違い無いです。

 

WordPress(ワードプレス)の副業におすすめな案件サイト3つ

WordPressの副業におすすめな案件サイト

 

先ほどはクラウドワークスをご紹介しましたが、他にもWordPress副業におすすめな案件サイトがあるのでまとめてご紹介しますね。

 

  1. ITプロパートナーズ【週1〜週3の副業リモート案件あり】
  2. クラウドテック【在宅勤務の副業案件に強い】
  3. レバテックフリーランス【経験者向け※副業というよりは独立向けです】

 

結論、上記の3つです。

 

副業としてやる場合はITプロパートナーズクラウドテックがおすすめです。どちらも在宅案件に強く、副業としてぴったりです。

 

一方、すでに実務経験が半年以上あり、これから独立を見据えている場合は、レバテックフリーランス一択です。

 

レバテックフリーランスはフリーランスエンジニア向けサイトとして最大手の案件サイトです。

 

レバテックフリーランスの登録エンジニアの平均年収はなんと862万円。高単価案件が豊富であることが特徴です。

 

経験が浅くても、半年や1年以上の実務経験があれば、登録して高単価案件の紹介を受けることが可能です。

 

登録は無料、案件紹介も電話で無料できます。また、エンジニア経験者は将来の年収や働き方を無料診断してもらえるので、まずは気軽に相談が吉かなと思います。

>>レバテックフリーランス公式サイトはこちら

 

副業でWordPress(ワードプレス)を習得した先に実現できるキャリアや未来

副業でWordPressを習得した先に実現できるキャリアや未来

 

副業でWordPress案件を習得したあとのキャリアの話もしておきます。

 

  1. いまの仕事を辞めず、副業で毎月5〜10万円以上をプラスで稼げる
  2. エンジニアに転職し、仕事に困ることなく働ける
  3. ゆくゆくはフリーランスとして独立し、お金、時間、場所の自由を得られる

 

いまの仕事を辞めず、副業で毎月5〜10万円以上をプラスで稼げる

前述通り、WordPressは副業に最適です。

 

個人でも副業で稼げる案件がたくさんありますので、いまの仕事を辞めずとも、毎月5〜10万円以上の副収入を得ながら、いまの生活をより豊かにすることができます。

 

またWordPressの場合は在宅でできるので、人付き合いを増やすことなく、収入を増やせる点も嬉しいポイントですよね。

 

僕もまさに今やっている働き方ですが、実体験からもおすすめです。

 

こういった働き方を、WordPressを学べばすることができます。

 

エンジニアに転職し、仕事に困ることなく働ける

WordPressを学んでいけば、エンジニアに転職することもできます。

 

エンジニアは手に職があり、企業からの需要も高いです。その上人手が足りていないため、スキルを身につければ仕事に困ることはありません。

 

しかも、人手不足の傾向は、向こう10年は不足数が拡大すると言われています。

 

だからこそ、今このタイミングでスキルを身につけておけば、10年以上は良い思いができるんですよね。

 

ゆくゆくはフリーランスとして独立し、お金、時間、場所の自由を得られる

WordPressを習得し、経験を積んでいけば、ゆくゆくはフリーランスとして独立できます。

 

Web系フリーランスであれば、年収800万円といった高年収を実現できますし、在宅やリモートで、時間や場所に縛られず、自由に働くこともできます。

 

サラリーマンの年収は400万円を切るような時代であり、10年、20年と働いても年収が上がらず、働き方も楽にならない時代です。

 

そんな時代にも関わらず、エンジニアであれば、たった1〜2年でも上記のような働き方を実現できるんですよね。

 

普通に会社員として働いていても、なかなかこういった働き方をすることができません。

 

こういった話をすると、「そういう働き方をするなら、高い技術が必要なんじゃないの…?」と思うかもしれませんが、高いスキルは不要です。

 

それもこれも、エンジニアの需要が高い一方で、エンジニアの数が不足しているからです。圧倒的に不足しているからこそ、実務経験が浅くても、上記のような未来を実現できるんですよね。

 

控えめにいっても、WordPressやプログラミングを学んでエンジニアになることはおすすめです。述べてきた通り、未来の可能性が広がるからです。

 

まとめ

【最短】副業でWordPress制作案件を受注し、収入を得る方法【スキルや相場も解説】

 

最後に、WordPressを学んだからといって、必ずエンジニアになる必要はありません。

 

  • WordPressを学ぶ→今の仕事を辞めることなく、副業として毎月5〜10万円をプラスで稼ぐ

 

こういう働き方もアリなんですよね。

 

いずれにしても、まずはWordPressを習得することがファーストステップです。

 

スキルさえ身につけておけば、あとでいくらでも道を選べますよ。人生の可能性を広げるためにも、WordPressを学んでみてはいかがでしょうか。

 

今回ご紹介したWordPressスクール

 

今回ご紹介したWordPress案件サイト

  1. クラウドワークス【副業初心者におすすめ】
  2. ITプロパートナーズ【週1〜週3の副業リモート案件あり】
  3. クラウドテック【在宅勤務の副業案件に強い】
  4. レバテックフリーランス【経験者向け※副業というよりは独立向けです】

 

人気記事【受講者が厳選】WordPress(ワードプレス)が学べるおすすめプログラミングスクール・講座3つ【オンラインあり】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です